トップページ > カテゴリ:博物館・資料館・美術館

近代化産業遺産探訪、美唄市の「炭鉱メモリアル森林公園」で旧三菱美唄炭鉱施設を見る

IMG_9669
北海道といえばその魅力は様々ですが、個人的に好きなのは炭鉱などの近代化産業遺産。

急遽訪れる事となった北海道で、まだ未踏の地を探して思いついたのが石炭の街「美唄」
レンタカーもある事だし、まだ春が訪れる途中の美唄へ足を運んだ様子をさらっと紹介。

続きを読む..

JR北海道苗穂工場内、北海道鉄道技術館へふらっと行ってみた。

IMG_9091
苗穂工場内にある、ちょっとした資料館。毎月第2第4土曜日に限り公開しています。

コロナの影響が続いている関係で、ANAの特典航空券が割安で利用出来る「トクたびマイル」がかなり安く設定され
ついには中部-千歳便は片道3,000マイルで利用出来ると来たら、そりゃ乗るしか無いっしょ。

で、行くのはいいけど何か見るところ無いかな、という事でちょうど第2土曜日だったので苗穂工場へ行くことにしました。

続きを読む..

寄ってけ洞爺湖。2008年サミットの思い出を求めて洞爺湖サミット記念館へ。

IMG_3712
気づいて福田総理ー♪

そんな空耳が一部界隈で流行った2008年。当時の日本の総理大臣は福田総理でしたね。
洞爺湖といえば北海道の有名観光スポット。函館から千歳空港の帰り道へちょうど良いので寄ってみました。

続きを読む..

松前方面には何がある?木古内から松前方面を目指して観光した話。

IMG_3241
写真は青函トンネル記念館。青函トンネルの北海道側の工事の拠点となった、福島町に存在する資料館です。

引き続き北海道渡島地方をドライブした話題。
今回は木古内から松前を目指して進み、途中の観光スポットなどに立ち寄りました。

続きを読む..

2020年未紹介ネタを振り返る。人類には早すぎる?岩下の新生姜ミュージアム(栃木県栃木市)

IMG_0997
三県境を訪れた後に、そのまま東武日光線に乗って栃木駅へ。
そこから徒歩15分くらいで到着するのが「岩下の新生姜ミュージアム」です。

その名の通り「岩下の新生姜」を販売する岩下食品による企業ミュージアム。入館無料。

IMG_1014
テレビCMなどで名前を知っている人も多いであろう、岩下の新生姜。
一般的な生姜とは異なる「本島姜」という品種を「新生姜」として販売しており、やさしい辛さと食感が特徴。

IMG_1033
まぁ、普通の企業系ミュージアムかと思いきや・・・。

IMG_1034
なんか人類には早すぎる感じの展示内容なので、栃木市へ訪れた際には寄るといいと思います。
現場からは以上です。

2020年未紹介ネタを振り返る。北海道の名付け親、松浦武四郎記念館(三重県松阪市)

IMG_7456
タイトルのとおりです。「蝦夷」を改め「北海道」と名付けた松浦武四郎は現三重県松阪市出身です。
2019年にNHKで特番ドラマ化されたので、見た人ならピンと来るかと思います。

IMG_7463
それらの資料等が展示されていますが、公共交通機関のアクセスが悪いのが難点。
近場の人はマイカーで行くと良いですね。