トップページ > カテゴリ:近代化産業遺産

近代化産業遺産めぐり。福岡県大牟田市の「三池炭鉱三川坑跡」の特別公開へ足を運びました。

□この記事は『鉄道むすめスタンプ朝倉ちはや編』の続きの記事です

IMG_8064
江戸時代中頃から採炭が始まり、1997年に閉山。120年余りの歴史に幕を閉じた九州の三池炭鉱
昭和45年には同鉱の最大出炭量657万トンを誇り、日本の近代工業化を支えました。

2015年に一部の関連施設が世界遺産に登録されたので話題となりましたが
今回訪れたのは、昭和の施設であるため世界遺産には登録されていない「三川坑」と呼ばれる場所。

世界遺産ではないものの、そこに残された施設は非常に興味深いものでした。

続きを読む..

かつて存在した日本の巨大銅山。日光市足尾地区の「足尾銅山観光」で産業遺産を学ぶ

□この記事は『日本三名瀑に数えられる「華厳滝」へ行こう』の続きの記事です

P1020584
江戸時代から昭和まで約360年間にわたり、多くの銅を産出した足尾銅山。
日本の近代化を支えたが「足尾鉱毒事件」が大きな社会問題となる。教科書で殆どの人は学ぶであろう

そんな足尾銅山ですが、現在はその坑道を使った観光施設として運営されており
江戸時代から閉山に至までの歴史を学ぶことが出来るようになっています。

華厳滝から、引き続き忙しない北関東観光の続きです。

続きを読む..

三池炭鉱関連施設めぐり。三池炭鉱専用鉄道敷跡と三池港(福岡県大牟田市)

□この記事は『三池炭鉱専用鉄道敷跡と万田坑跡(熊本県荒尾市)』の続きの記事です

IMG_4307
引き続き三池炭鉱の関連施設めぐり。
万田坑から三池炭鉱専用鉄道敷をたどり、三池港を訪れました。

・・・ほんのわずかな、遺構を求めて。

続きを読む..

三池炭鉱関連施設めぐり。三池炭鉱専用鉄道敷跡と万田坑跡(熊本県荒尾市)

□この記事は『三池炭鉱専用鉄道敷跡と宮原坑跡(福岡県大牟田市)』の続きの記事です

IMG_4214
引き続き三池炭鉱の関連施設めぐり。

福岡県から県境を越えて、熊本県まで広がる三池炭鉱。
炭鉱専用鉄道敷をたどって到着したのは万田坑。関連施設内では多くの構造物が残る場所である

博物館の形式を取っているが、訪問した元日は当然休館日!更に雪も降ってきて大変だ!

続きを読む..

三池炭鉱関連施設めぐり。三池炭鉱専用鉄道敷跡と宮原坑跡(福岡県大牟田市)

□この記事は『宮浦石炭記念公園(福岡県大牟田市)』の続きの記事です

IMG_4159
現在も保存されてる三池炭鉱の関連施設のうち、この宮原坑も主要な遺産のひとつ
かつては宮浦坑と三池炭鉱専用鉄道で繋がれており、その専用鉄道敷も広範囲にわたり遺構があります。

今回はその鉄道敷と宮原坑の紹介です。

続きを読む..

三池炭鉱関連施設めぐり。宮浦石炭記念公園(福岡県大牟田市)

□この記事は『新年早々、名古屋からFDAで日帰り三池炭鉱関連施設めぐり』の続きの記事です

IMG_4061
大牟田駅から少し離れた位置にある宮浦石炭記念公園。石炭発掘の歴史が垣間見えるスポット

かつて宮浦坑があった場所。現在は大斜坑跡とシンボル的な煙突などが残るのみの場所ですが
まずは近代化産業遺産にも指定されたこのスポットを、三池炭鉱関連施設めぐりのスタート地点としました。

続きを読む..