そこから見えるは越後平野に日本海。そして佐渡島を望む弥彦山のロープウェイを登りました

□この記事は『「超快速スノーラビット」に乗りたかっただけお話』の続きの記事です

IMG_3167
新潟観光の最後に訪れたのは、越後平野の日本海沿いに連なる山並みの主峰「弥彦山」
山全体が弥彦神社の神域となっているほか、ロープウェイもあり観光地としての要素もあり。

そんな弥彦山へ登って、素晴らしい景色を見たお話。

IMG_3061 IMG_3060
直江津から乗ってきた特急しらゆきを東三条で下車。ここで乗換えです

IMG_3066
表題に書いてあるとおり、今回の目的地は弥彦山。その最寄り駅は弥彦線の弥彦駅
東三条駅。弥彦線のホームに停車していたのはE129系じゃないですかー。初めて見るぞ

IMG_3069
新型車両だけど、内装は近年よく見るやつなので、それほど真新しさは感じなかったり。

IMG_3073
途中に停車する燕駅。アナタが思い浮かべるのは、畜ペン?それとも南?

IMG_3082
越後平野の脇にドンと構える弥彦山、その姿は離れた場所からでも良く見えるそうです
弥彦山へどんどん近付く弥彦線。気持ちが高まって参りました・・・!

IMG_3088 IMG_3089
終点の弥彦山に到着。線路はここで終わっております

IMG_3098
駅舎も観光地っぽい雰囲気。
けれども列車はだいたい毎時1本、日中は2時間空く事もあるのでちょっと不便

IMG_3102 IMG_3104
さて、駅からまず歩いて弥彦神社へ向かいます。
午前中まで天気が悪かったですが、このあたりになって天候も良くなり絶好の観光日和になりそうです

IMG_3113 
駅から神社へ向かう人もちらほら居ましたが、車で訪れる人の方が圧倒的に多く、境内は結構混雑してました。

IMG_3122
弥彦山をバックにした社殿でお参り。

IMG_3124 IMG_3128
神社の脇にロープウェイ乗り場へのシャトルバスが待機していました。乗車は無料
舗装された道路じゃなかったんで、目茶苦茶揺れました(右の写真からお察しください

IMG_3132
数分で弥彦山ロープウェイの山麓駅に着きました!
歩けない距離ではないですが、乗ってしまった方が圧倒的に楽です。

IMG_3135
カウンターでチケットを購入。大人往復1,400円也

IMG_3142
ぐぐーっと高度を上げるゴンドラ。向こう側に見えるのは越後平野だ

IMG_3148 IMG_3149
山頂駅にとうちゃーく!

IMG_3150
日本海だーーー!!

IMG_3154
目の前に大きく広がるのは日本海。空も晴れて良かったー!

IMG_3155
日本海の向こうに見えるのは前日まで滞在していた佐渡島。肉眼で見えるんだなぁと小さな感動!

IMG_3156
展望台がありました。行ってみましょう

IMG_3169
建物は土産物屋にレストラン。展望台のある屋上へ登りました!

IMG_3171
展望台から見えるのは、ロープウェイからも見えた越後平野。広いなー!

IMG_3190
地域ごとに町が集まっているのが面白い。大部分に広がるのは水田なのかな?
初夏とかに来てみると、また違った景色が見られそうだから素敵だなぁ。

IMG_3185
ちょっと見る方角を変えてみる。こっちは新潟市の方かな?

IMG_3195
さっきと同じく、展望台からも日本海が見えますよ

IMG_3196
いやー、本当に天候に恵まれて良かった。良い景色を見ると、自然と笑顔になりますね

IMG_3205
なお弥彦山は標高634メートルとそれほど高い山ではありません。
ロープウェイがある事と手頃な標高から、登山の需要もあるそうですよ。

IMG_3209 IMG_3222
ほいじゃ、お時間ですのでロープウェイを降りましょうか

IMG_3224 IMG_3226
再びシャトルバスに乗って弥彦神社を後にする。

IMG_3231
そんなこんなで弥彦神社と弥彦山の観光でした。
歴史やグルメもいいけど、絶景は最高だね!

名古屋へ帰ります

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に星を付けちゃう:これじゃないいまいち普通好き大好き 4.56 (9)
Loading...
コピペ用
関連する記事