創建100年を超える芝居小屋。愛媛県内子町の重要文化財「内子座」を見学しました

□この記事は『その先端には何がある?四国最西端「佐田岬半島」のその先へ』の続きの記事です。

IMG_0674
愛媛観光も最終日かつ最後の目的地。
今回、松山を完全スルーして立ち寄るのは、内子町にある芝居小屋「内子座」

創建100年を超えるその芝居小屋は、古きを残しつつ現代でも公演等を行えるように保存、改修が行われております。
そんな芝居小屋へ寄り道がてら見学したお話。

IMG_0659
三崎港を離れ進路を東へ。松山へ帰る前に松山道の内子五十崎ICで降りる

IMG_0661
内子駅近くの公共駐車場に車を置き、少し歩けば古い町並み。

IMG_0666 
そんなちょっと古い町並みに残るのが、今回のお目当てのこちら。
重要文化財「内子座」でございます。

IMG_0669 
内子座は大正5年(1916年)に創建。
復元や大規模改修を経て現代に至り、その歴史は100年を超えます。

IMG_0751
現在も年間60日程度を劇場として活用しており、それ以外の日は内部の見学が出来ます。
訪問したこの日も見学可能日。ちなみに料金は大人400円也。

IMG_0675
劇場内に入り、戸をあけると目に飛び込んでくる、この景色。
内部は自由に見学する事が出来ます。

IMG_0683
舞台にも、枡席に入ったりするのも自由に出来ます。
これだけの規模の劇場が、当時に近い姿で残っているのは非常に珍しいです。

IMG_0680
奈落入口。「地獄」とか「どん底」という意味ではない。

IMG_0687
歌舞伎などの舞台下の空間の事を「奈落」と呼ぶらしい。
そんな奈落にも降りる事が出来てしまいます。

IMG_0695
歩きやすいように照明でライトアップされた奈落。そこは完全に裏方の世界
近代化改修が行われており、舞台上の古めかしさの反面、こちらはやや新しく感じる。

IMG_0689
歌舞伎で使われる回り舞台の下。人力で動かすための棒が付いている

IMG_0692
奈落から花道へニョキっとせり出す仕組み「すっぽん」
固定されていて分かりにくいですが、下から見るとこんな感じ。

IMG_0706
花道から見た様子。案内が書いてないと見落としそう

IMG_0714
「大向(おおむこう)」と呼ばれる2階席
近年のライブハウスで言うところの「バルコニー」あたりでしょうか。

IMG_0722
舞台全体が見渡せる反面、舞台から遠いため低料金の席だったらしい。

IMG_0730
2階席をよく見てみると、スポットライトが設置されているのに気付いた
建物は古いけども、所々に近代の要素が入っていて、そのギャップが面白い!

IMG_0733
枡席を上から見たり。
こういう所で音楽イベントやったりすると、面白いかもしんないですね。

IMG_0749
ざっと、そんなこんなの内子座でした。
貴重な文化遺産だし、これだけの規模の芝居小屋を見るのは初めて。わざわざ立ち寄った甲斐はありましたね

IMG_0756
内子といえば、予讃線の短絡ルート(内子線)として有名ですね。
過去に路線の付け替えが行われているため、旧内子駅は現存せず。

IMG_0761
内子を離脱して再び松山道へ

IMG_0763 IMG_0767
そして松山IC前のバス停へ。
関西組は高速バスで帰るため、ここでお別れ。まさかの現地解散である!

IMG_0768
日も落ちて名古屋組はレンタカーのまま移動し・・・

IMG_0770 IMG_0773
松山空港の営業所へレンタカーを返却。
ここから名古屋までの移動は鉄路だと結構時間かかるので、今回は飛行機でさっさと帰ります。

早割なら鉄路の通常料金より安かったので、そりゃ使うしかないでしょう。

IMG_0780
初めて利用する松山空港。もう夜ですけどね

IMG_0775
まさか空港にまで自転車のスタンドがあるとは思わなかった
本当、サイクリストの聖地やなぁ・・・

DSC00532
ターミナルも殆ど閉まっているような時間帯なので、特筆すべき点もなく保安検査場を抜ける

DSC00535
搭乗ゲート前で待機。

DSC00537
待合部屋に大きく掲示されたしまなみ海道。何だかんだでしたけど楽しかったなぁ。
もう2度とレンタサイクルで走破とか考えないようにしたいです。

DSC00538
でも、こうやって見るとまた来たくなりますね。今度は今治スタートで!

DSC00541
そういえばこの画面、最近はAndroid使ってるんですね。中身PowerPointだし

DSC00546 
グッバイ愛媛!
四国は名古屋からちょっと遠いけど、まだまだ見たことの無い場所も多いし、近い将来に来るかもね。

DSC00549 DSC00552
雨の降るなかセントレアに到着。小型機なのでターミナルまでバス移動

DSC00553
見慣れたターミナルへ。私は帰ってきたぞ!!

DSC00559
そんなこんなの、しまなみサイクリング走破ツアーからの、四国最西端ドライブツアーでした。

行動中に雨にこそ降られませんでしたが、天候はぼちぼち。
瀬戸内の美しさを堪能するには、ちょっとコンディションが悪かったのですが、サイクリングにドライブにと
しまなみ海道&愛媛を堪能出来た春の3連休だったかなぁと思います。

また、行きたいな四国。

Pocket
LINEで送る

この記事に星を付けちゃう:これじゃないいまいち普通好き大好き 5.00 (6)
Loading...
コピペ用
関連する記事