群馬キャンプアフターと群馬県太田市と内田彩

IMG_1883
イオンモール太田でSo Happy

という訳で群馬県立赤城公園キャンプ場でキャンプした後のお話です。
備忘録的にさらっと紹介します。

このページはこちらの記事の続きです。

赤城公園キャンプ場でSo Happy という訳で平成最後の夏でございます。訳あって、群馬県にある県立赤城公園キャンプ場で夏キャンプする事になりました。 8月現順、平地ではまだクソアツな季節ですが標高のある所ならそれほどでもなく。キャンプ経験もまだ浅いけども、それなりのキャンプが出来たのではないか

IMG_1855
キャンプ場を早々に後にして我々が向かった先は、群馬県太田市にある「ジャパンスネークセンター」
ヘビ専門の動物園であり、運営母体はベビ類を研究している財団法人。

IMG_1858 IMG_1859
施設は年季が入っており、オブラートに表現すると「昭和」なテイストがしますね。
近年では「珍スポット」と言っても過言ではない?入園料は大人1,000円です。

IMG_1863
園内には大小様々な世界のヘビが多数展示されているらしい。
順路を歩くと「大蛇温室」って、いきなり大蛇っすか・・・。

IMG_1865
(写真を撮るのに都合の良い位置に居なかった大蛇)

確かに大蛇なんてテレビ番組くらいでしか見たことなかったので、ゲージ越しといえどもそのインパクトは大
「うわー」「うえー」「なにこれー」とか言いながら見て回ってました。世界にはこんなヘビが居るのか・・・。

IMG_1867
ヘビは可愛いなんて意見もありますが、顔だけ見ていると分からなくもない。
見慣れないのはあの体よね。

IMG_1880
はい、続いてイオンモール太田へとやってきました。
まずは隣の入浴施設でキャンプ場での汗を流して着替えます。夏キャンプは汗かくので難儀よね。

IMG_1882
群馬まで来たお目当てはこちら。いわゆる「リリイベ」です。

お渡し会には当選していたのですが、群馬までの時間と費用を考えたらどうするか悩んでたんですが
紆余曲折あってキャンプと絡める事となりました。ちなみに、内田彩は群馬県太田市出身だよ!

IMG_1890
帰る途中にラストセーブオンに立ち寄る。

IMG_1891
この記事を書いている時には既に閉店済みですが、この夏に全店一斉に閉店する「セーブオン」
店舗によってはローソンに生まれ変わりますが、セーブオンの名は消えるため群馬県民にとっては大きな出来事であろう。

IMG_1893
見慣れないチョコミントアイスがあったので買ってみた。
「ガリガリ君」で有名な赤城乳業の出している商品。全国展開はしてない商品なんだろうか。

IMG_1896
群馬といえばこれ、登利平の鶏めし弁当ですよね。こちらも帰る前に晩ごはん用に購入。

IMG_1898
そして群馬といえば、という事で「自販機食堂」という店舗へやってきました。

IMG_1903
こちらの店舗はレトロ自販機を保存しつつ、現役で販売もしている店舗
レトロ自販機ではメジャーなうどん自販機も健在!!

IMG_1902
ハンバーガー自販機もあるし!!

IMG_1920
瓶ジュース自販機はまだそれなりに見かけるかな?

IMG_1915 IMG_1916
せっかく立ち寄ったので、ハンバーガー自販機でいっこ購入。
激アツに加熱された小さい箱をペリペリめくると中からバーガーが登場。こんな仕組みなのね。

IMG_1919
中身はピリッとした辛さのハンバーガー。
今や貴重なレトロ自販機。色々揃っている店舗はなかなかないぞ。

IMG_1931
という感じでキャンプに太田に自販機に、色々と詰め込んだ群馬でございました。
帰りも関越道、上信越道経由で愛知へと帰るのですよ・・・。

IMG_1944
上信越道を走りつつ、奥に見えるのは浅間山かな・・・?

山の名前を知っていると、旅の楽しみがひとつ増えますよね。
とか言いつつ、私はさっぱり分かってないので、百名山くらいは覚えたいところ。

IMG_1947
長野県内のサービスエリアで買っておいた登利平の鶏めし弁当をいただく。

IMG_1948
キャンプめしもいいけれど、「峠の釜めし」とか持ち帰り弁当が名物ってのもいいよね。
久しぶりの鶏めし弁当は美味い!

IMG_1970
1泊2日への群馬旅でした。東海地方へのワープトンネルこと恵那山トンネルへ吸い込まれる
次の群馬、次のキャンプはどうなる?

一緒に行った人→DAIさん帝国

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に星を付けちゃう:これじゃないいまいち普通好き大好き 5.00 (2)
Loading...
コピペ用
関連する記事