神戸といえば六甲山地。摩耶ケーブルに登ってきたおはなし。

IMG_0665 
昨年末に摩耶山にある「まやビューライン」(摩耶ケーブル・摩耶ロープウェイ)に乗ってきました。
神戸には何度か足を運んだことがあるのですが、六甲山地に登るのは今回が初めて。

去年の未消化ネタを今さらながらさらっと紹介。

IMG_0581 IMG_0583
という訳でJRを使って灘駅までやってきました。

六甲山地の乗り物は六甲ケーブルとか神戸布引ロープウェイとありますが
今回は記事タイトルにもあるように摩耶ケーブルに登ります。選択に特に深い理由はありません。

IMG_0584 IMG_0585
摩耶ケーブルは鉄道駅から直接アクセスは出来ず、路線バスに乗る必要があります。
灘駅から神戸市営バスにでも乗るのかなー?と思いきや「坂バス」なるコミュニティバスでした

毎時3本、摩耶ケーブル乗り場を含む周辺を運行しているらしい

IMG_0594
とりあえず乗ってみて分かったのは、バスの名称のとおり「坂を登るバス」でした
坂に広がる住宅地、あまり広くはない道幅。このコンパクトなバスが採用されている理由が分かりました

IMG_0601
で、到着。

IMG_0605
摩耶ケーブル駅でござい。周囲が完全に住宅地でなんか変な感じでした

IMG_0611
窓口でケーブルカーとロープウェイの往復乗車券を購入して、さて乗りましょう。

IMG_0615 IMG_0622
この記事を2月に書いてますが、訪問したのは12月中旬
なのに一部で紅葉が良い感じになっていたりと、やっぱり今シーズンは暖冬だったんだなぁと実感しますね。

IMG_0634
紅葉ビューなケーブルカーに乗って摩耶山中腹を目指す。このあたりは日本屈指の急勾配だとか

IMG_0650
ケーブルカーを降りる。そこそこ高い所までやってきましたね。

IMG_0658
摩耶山やってきましたよー

IMG_0657 IMG_0656
見所は・・・旧摩耶観光ホテル?
どうも全盛期に建てられたホテルの廃墟・・・だそうです。(立入不可)

IMG_0661
はい、続いてロープウェイに乗換えましょう
時間帯の関係か、乗客が殆ど居なかったのが気がかり。まぁ曇り空ですからね。

IMG_0666
これに乗って、一気に山頂付近まで行きましょう

IMG_0677
わぁい、結構な紅葉ビューじゃないですか。曇り空なのが残念!

IMG_0681
わぁい、結構な廃墟ビューじゃないですか。近づけないのが残念!

IMG_0695
まぁ、そんな感じで山肌やら神戸の町を見ながらロープウェイは高度を上げてゆきます

IMG_0735
山頂広場に到着。展望台やら電波塔やらがあります

ここまで来れば観光客やら登山客の姿を結構見かけます

IMG_0708
まぁ、せっかく摩耶山に来たのだし、山頂まで足を運んでみましょう
ケーブルカーとロープウェイを使ったので、後は簡単。ハイキングコースさらっと歩くだけ

IMG_0713
はい、到着。楽をしたのでいつもの達成感も何もありませんね

IMG_0719 IMG_0721
折角なので、ロープウェイから15分ほど歩いたところにある天上寺って所に足を運びます

IMG_0725
ここに軍艦摩耶の慰霊碑があります。(詳しい話は割愛)

IMG_0739 IMG_0740
さて、山頂でゆっくり過ごそうという発想など皆無でさっさと下山しちゃいましょう。

IMG_0748 IMG_0753
ケーブルカーを降りたらちょうど三宮行きの市バスがやってきました。ナイスタイミング
しかし坂バスと比べて大きな車体の市バス。狭い住宅地をするり走り抜けます

IMG_0828
で、今年もルミナリエを見てきました。
毎年同じようなもんだろ、とか思ってましたがやはり「凄い!」のひと言です。
(雑な感想)

IMG_0840
下から見上げるようになってたり凝ってるなぁと。そんな神戸のお話でした

□一緒に行った人:三和たつゆき

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に星を付けちゃう:これじゃないいまいち普通好き大好き 5.00 (4)
Loading...
コピペ用
関連する記事