ついカッっとなって九州へ行ってみました。(その1:阿蘇観光編)

image1 image2
そんな訳でついカッっとなって九州とか行ってみました!

名古屋から九州なんて、飛行機を使えばあっという間・・・なのですが、なかなか行ける機会が無かったり
でもやっぱり、どうしても九州へは行きたかったので職場の同僚(非鉄)を拉致って突発で行く事になりました。

続きを読む..

東海北陸自動車道、開通前見学ツアーへ行ってきた

image1 image4
2008年6月28日。午前7時前の場所は名古屋駅西口
今日は開通前の東海北陸自動車道を見学出来るというツアーへと参加しました

(一緒に行った人 → かずぴーさん、KKSさん、J-P01さん)

名古屋駅西口は各社ツアーの集合場所となり、朝っぱらから人混みと旅行会社のかけ声でカオスな状態!
申し込みをした旅行会社の人を探し出して何とかツアーが開始となりました。朝っぱらから何だか疲れた[;´Д]</p> <!--more--> <p><img title="image5" style="display: inline" height="200" alt="image5" src="https://yukarin.sakura.ne.jp/wp/wp-content/uploads/2008/11/image5.jpg" width="355" border="0" /> <br />バスツアーなので終日このバスで移動となります <br />「名古屋バス」って聞いた事無い会社だなぁ・・・鉄道系では無さそう</p> <p><img title="image6" style="display: inline" height="180" alt="image6" src="https://yukarin.sakura.ne.jp/wp/wp-content/uploads/2008/11/image6.jpg" width="320" border="0" /> <img title="image7" style="display: inline" height="180" alt="image7" src="https://yukarin.sakura.ne.jp/wp/wp-content/uploads/2008/11/image7.jpg" width="320" border="0" /> <br />パンフレットを貰って、4列シートのバスは満員で名古屋駅を出発</p> <p><img title="image13" style="display: inline" height="270" alt="image13" src="https://yukarin.sakura.ne.jp/wp/wp-content/uploads/2008/11/image13.jpg" width="478" border="0" /> <br />途中のSAで休憩を2度とり、まず最初の目的地という事で世界遺産の白川郷へ <br />・・・しかしツアーの時間の都合で滞在時間は1時間半。ちょっと短くないかい?</p> <p><img title="image10" style="display: inline" height="180" alt="image10" src="https://yukarin.sakura.ne.jp/wp/wp-content/uploads/2008/11/image10.jpg" width="320" border="0" /> <img title="image11" style="display: inline" height="180" alt="image11" src="https://yukarin.sakura.ne.jp/wp/wp-content/uploads/2008/11/image11.jpg" width="320" border="0" /> <br />有名な神社へと足を運ぶ</p> <p><img title="image12" style="display: inline" height="270" alt="image12" src="https://yukarin.sakura.ne.jp/wp/wp-content/uploads/2008/11/image12.jpg" width="478" border="0" /> <br />世界遺産・・・・うん。どう見てもひぐらしですね</p> <p><img title="image14" style="display: inline" height="180" alt="image14" src="https://yukarin.sakura.ne.jp/wp/wp-content/uploads/2008/11/image14.jpg" width="320" border="0" /> <img title="image15" style="display: inline" height="180" alt="image15" src="https://yukarin.sakura.ne.jp/wp/wp-content/uploads/2008/11/image15.jpg" width="320" border="0" /> <br />滞在時間も短いし、皆それぞれ白川郷へは来た事あるので適当な所で撤収 <br />駐車場の近くの河原に座り込んで、ツアーから支給されたお弁当を食べましょう</p> <p><img title="image16" style="display: inline" height="200" alt="image16" src="https://yukarin.sakura.ne.jp/wp/wp-content/uploads/2008/11/image16.jpg" width="355" border="0" /> <br />あら、親切に「バスツアー記念」なんて付いてるわ</p> <p><img title="image17" style="display: inline" height="180" alt="image17" src="https://yukarin.sakura.ne.jp/wp/wp-content/uploads/2008/11/image17.jpg" width="320" border="0" /> <img title="image18" style="display: inline" height="180" alt="image18" src="https://yukarin.sakura.ne.jp/wp/wp-content/uploads/2008/11/image18.jpg" width="320" border="0" /> <br />ちなみにこの弁当は早弁ならぬ<b>「速弁」</b>という名のお弁当 <br />NEXCO中日本の子会社で、サービスエリアの管理をしてる<a href="http://www.c-exis.co.jp/">「中日本エクシス」</a>という会社が出している商品</p> <p>ちなみに画像のお弁当の場合、販売価格は約1,600円との事 <br />とても美味しゅうお弁当でしたが、高速道路のSAでこんな高い弁当作って売れるのだろうか[;´Д]
(速弁のページを見るとこれより高い弁当が色々と)

image19 image20
お弁当を食べ終えたあたりでちょうど集合時間
バスは白川郷からそのまま東海北陸自動車道の白川郷ICへと進みます

image21
先行するバス(2号車)が進入するのは、まだ案内板の表示されていない高山方面

image22
最後尾となる3号車が進入すると、進入禁止のためのコーンが係員によって戻されます

image23
いよいよ未開通のエリアを走行します。何だかワクワクしてきた!

image24 image25
車内ではNEXCO中日本より案内の人を迎え、説明とかビデオ上映とかしてましたが全然見てませんでした
そんな事より、窓の外に見えるアスファルトがまさに新品!まだ一般開放してないから綺麗だ!

image26
そしてバスは全長10,710mの飛騨トンネルへと突入!
このツアー、そして東海北陸自動車道全通における"ウリ"である飛騨トンネルは国内2番目の長さになるそうです
全通が予定より大幅に遅れたのも、この飛騨トンネルの難工事によるもの。だそうです

image27 image28
バスはトンネル内をゆっくり走行する。安全のためでしょうか?
壁には「9km←→2km」などの表記が1kmおきに書かれており、その長さがよく分かる。といった寸法?
真新しいトンネル内はとても綺麗でしたが、これも開通すると排気ガスで黒ずむんでしょうね

image29
開通地点には記念のための看板が掲げられていました
今回は見学ツアーという事で、バスは一度ここで停車して説明を受けましたが
実際に走っていると止まる事は出来ないので、この看板も気付くことなく通り過ぎてしまうんでしょう

image30 image31
換気口や非常口の案内なんかもありました。

image32
飛騨トンネルの出口付近でバスは停車。

開通前なので他に車は来ません

なのでバスから降りて自由に見学出来るとの事。

やほーい!高速道路を歩くなんて初めてだっ!

image33
とりあえず無駄に走って体力を失いつつ、トンネルの出入り口へ行ってみる

image35 image34
走り回ったり、非常電話を間近で見たり

image36
道路に寝そべってみたり

image37
看板でけーなー!とか話してたり

image39 image40
係員の人が消防設備について説明してましたが、何も聞いてませんでした。サーセン

image41
道路公団って書いてある!

image42
飛騨トンネルは長いです

image43 image44
非常トンネルの内部も公開していました。薄暗いトンネルと重厚な非常口

image45
非常用とはいえ、車が通れるくらいの幅はあるとの事
でも仮にこのトンネルを使って緊急脱出を謀ろうとしても、最大で5.5kmは歩かないとダメなんですよね

image46
色々と騒いではしゃいでたら、見学時間の30分はあっという間に終了
バスの方から集合礼が出たのでバスへと戻ります。あー楽しかった!

image47 image48
記念に見学証明書と、飛騨トンネル工事時に出てきた石の入った「石貫徹」なる缶詰をもらう

ちなみにこの石貫徹ですが、SAで売ってました。500円
通販でも取り扱ってるようですよ?

image49 image50
飛騨トンネルから車を走らせ、次の目的地へと向かいます
未開通エリア終端となる飛騨清見ICの準備が出来ていないためか、手前の管理用ゲートから高速道路を出ました

image51
ツアーは高速道路見学がメインでしたが、内容はまだあり高山へと向かいました

image52 image53
ツアーより引換券を貰い、飛騨牛の串焼き(1本)と飛騨牛の握り(1カン)を食べました
とても美味しゅうございました。でも高山滞在1時間のみって何をしろと[;´Д`]

image54
川の流れを眺める

image55 image56
立ち寄った酒屋で売ってた「フローズンカクテル」なるものを飲んだり
チューハイみたいなものだろう、というノリで注文しましたが清酒ベースなんですねこれ。酒に強くない私にはキツかったです

image58 image57
高山の滞在は1時間。続いて高山市内の温泉施設でひとっ風呂
なるほど。ツアーで疲れた体を温泉に入って癒せという事ですね。良く出来たツアーですこと

image59 image60
そんな訳で高速道路見学の日帰りツアーでした

今回旅行会社のツアーというものを初めて利用しましたが
色々と面倒を見てくれる反面、一部不自由に感じる所があるのがデメリットだなぁと感じました

でもまぁ色々と含まれててお得感はあるので、また機会があればツアーというものを利用してみたいです。

<飛騨トンネルでした>

立山黒部アルペンルート、と富山観光へ行ってきた(その5) [終]

image1
関電トロリーバスを下車して扇沢に到着です。

image2 image3
扇沢は乗降車場が屋外にあるので、架線とかがよく見えます
何だか架線があるのにレールがないのって変な感じ

続きを読む..

名鉄の定時株主総会へ行ってきた2008

image2
と、いうわけで今年も送られてきた名鉄の定時株主総会の招集ご通知。

昨年に引き続き、名鉄の定時株主総会へと参加してきました

続きを読む..

立山黒部アルペンルート、と富山観光へ行ってきた(その4)

image1 image2
高原バスでたどり着いた室堂はアルペンルート内で一番標高が高い場所(2,450m)で、色々と観光スポットがあるのですが
今日はあいにくの雨模様でかつ寒くて観光どころではないので、次の乗り物へと乗り継いで先へ進みたいと思います。

・・・今度は天気の良い日に来たいですね。室堂は

続きを読む..

立山黒部アルペンルート、と富山観光へ行ってきた(その3)

image1 image2
何処へ行っても同じ朝食(サービスにつき無料)が食べられるのが東横インクオリティ!

・・・という訳で2日目の朝です。おはようございます
今日がメインの観光だというのに天気は雨。天候ばかりはどうしようもないので仕方がないですね

続きを読む..