ねっとり甘い焼きいもが食べられる。愛知県碧南市の焼きいも専門店「丸じゅん」の話

P1280937
刈谷方面に行く用事があったので、ついでに名鉄三河線沿線について調べていたら
碧南市に「やきいも専門店」なるお店があったので、ちょっと足を運んでみました。

ねっとり甘い焼きいも。こんなやきいも初めて食べたかもしれない。

P1280898
という訳で三河線の北新川駅に到着。

P1280900 P1280904
焼きいも屋までは駅から徒歩10分程度。
歩けない距離じゃないですが、近場なら車で行った方が便利そうですね

P1280905
地図で確認した場所へ行ってみると、焼きいもの文字が見えました

P1280909
駐車場も10台くらい停められそう?

P1280917
窓口へ行ってみると、既に数人の行列が出来ていました。
メディアにも何度か紹介されている有名店みたいです。とりあえず並ぶ・・・

P1280916
焼きいもといえば秋くらいをイメージしますが、こちらの専門店では
全国の農家から芋を取り寄せており、年間を通じてその時期に美味しい品種を提供してくれるとの事。

P1280919
ちなみに、東門した際に提供していたのはこちらの品種。
ざっと区別して甘い「ねっとり系」の芋と、王道の「ほくほく系」に分かれています。

また、メニューを見て分かるとおり、100gあたりの量り売りで販売されています。

P1280924
一人前がどんなもんなのかパッと分からないとは思いますが
そこはお店の人に「何人でどの程度食べたいか」を伝えれば見繕ってくれます。

P1280934
購入した焼きいもは店の前に用意されたベンチで食べられます。
冷めてからでも美味しいと案内して販売されていますが、はやり温かいうちに頂いてしまいましょう。

P1280936
ねっとり系で注文したのは、茨城県産の「小春ちゃん」という品種。
手で芋を割ると、中からドロッと垂れてくる蜜のような成分。

芋は柔らかく、まるで甘い和菓子を食べているような気分。ねっとり甘い!!

P1280939
もうひとつ購入したのは、ほくほく系の茨城県産の「紅あずま」という品種。

P1280943
先ほどのねっとり系とは異なり、黄金色したその身は見た目にもホクホクした姿。
ねっとり系ほどではありませんが、こちらも結構甘い。

P1280947
ねっとりとホクホク、このふたつを食べ比べるなんてなかなか出来ない経験かも。
わざわざ遠方から足を運んだ甲斐がありましたね。

P1280949
という訳で、焼きいも専門店の「丸じゅん」でした。

<関連リンク>
愛知県碧南市の焼きいも専門店 – やきいも丸じゅん

Pocket
LINEで送る

この記事に星を付けちゃう:これじゃないいまいち普通好き大好き 5.00 (4)
Loading...
コピペ用
関連する記事