リニューアルした大分駅(JRおおいたシティ)がすごい!たのしい!!

□この記事は『大分県の豊後森機関庫へ行ってきました』の続きの記事です。

IMG_2541
JR大分駅の高架化を含めた再整備事業により、2015年に誕生した「JRおおいたシティ 」
駅ビルおよび周辺の商業施設の総称なのですが、やはりここは九州。他都市には見られないような造りに驚き。

ばっさりカットするつもりでしたが、途中の話も含めてさらっと紹介。

IMG_2411
前回の豊後森機関庫より歩いて豊後森駅へ。これから先の移動は鉄路で。
見る人が見ればすぐ分かるが、この駅舎も「ドーンデザイン」である。

IMG_2404
ドーンデザインな待合室。

IMG_2417
窓口で乗車券と特急券を購入してホームへ。豊後森機関庫はここからでも見えますね
また、いつか来れたらいいなーと。今度はドライブで訪れたいな。

IMG_2422 IMG_2420
豊後森は駅舎だけでなく、ホームも跨線橋も、色々と手が入っている様子。

IMG_2425
自由席の乗車位置を探してたら、目に留まった「ななつ星」の乗車位置。
ツアー内容によっては豊後森に立ち寄り、豊後森機関庫を見るらしい。へぇ。

IMG_2430
で、普通列車がすっぽり無い時間帯なので特急「ゆふ」に乗車する。

IMG_2438 IMG_2439
しばし揺られ由布院駅にて下車。運賃より特急料金の方が高かったのがちょっと悔しい。

IMG_2446
という訳で、有名な温泉地かつ観光スポットの湯布院へとやってきました。

私も訪問するまで知らなかったのですが、駅名にもなっている「由布院」は旧由布院町より
「湯布院」というのは、昭和30年に旧湯平と旧由布院町が合併して生まれた自治体名。

どちらの表記も間違いではないため、「ゆふいん」と平仮名表記される例も多いと。なるほど。

IMG_2451
有名な観光スポットかつ5月の大型連休という事で、駅に人は多いし、道は渋滞。

湯布院は温泉でも有名ですが、
どちらかと言えば温泉地に集まる様々なジャンルのショッピングスポットを巡り「お買い物」を楽しむところらしい。
(人に聞いた信憑性の薄い情報)

IMG_2455
あー、この混雑っぷりを見て速攻で帰りたくなった・・。

大型連休、ですもんね。

IMG_2462
中央児童公園に蒸気機関車が置いてあったのが見えたので、人混みを避けて見に行く

IMG_2457
全国各地に保存されている車両も、手入れしてないと残念な姿なのね・・・。

IMG_2466
そんな混雑したショッピングゾーンを少し離れると、そこはもう田園風景。
曇っててよく見えませんが、奥にあるのが由布岳。晴れの日はよく見えるらしい

なんだか拍子抜けというか、こんな風景もあるんだなー、と。知らない一面を知り関心。

IMG_2474
駅からも、ショッピングゾーンからも少し離れたところにある「由布岳温泉」でゆったり入浴。
ただ、湯布院の温泉の泉質は「単純温泉」なので、あまりこれといった推しポイントはありませんでした。はい。

IMG_2481
予定より早い列車に乗って、大分駅へと移動しましょう。
今日は大分駅前のビジネスホテルへと宿泊です。温泉宿じゃないのは、予算の都合さ!

IMG_2487
久大本線を東へ。ローカル線らしい景色を見ながら約1時間の行程

IMG_2492
終点の大分駅は高架化されており、これまでのローカル線的な雰囲気とは一転
現代さバリバリの路盤と景色に変わる。

IMG_2497
はい、今晩の目的地の大分駅に到着しました。

IMG_2498
手前には787系、奥にちょろっと見えるのが883系。

この辺の車両を見ると、九州へ来たなーという実感が湧きますが
でも、今回の旅行ではいずれにも乗りません。寂しい。

IMG_2505
で、タイトルにも書いてあるとおり、特筆すべきは駅舎および周辺。
高架化を含めた大がかりな開発で作られた、真新しい駅施設。構造やデザインは他と大きく異なる。

なお、この辺の空間も「ドーンデザイン」なのは言うまでもない。

IMG_2506
水戸岡式のれん(勝手にそう呼ぶ)

IMG_2514
近年は鉄道専用の電子案内板ではなく、汎用(と思われる)ディスプレイを使うのが主流なのかな?

IMG_2540
改札を抜けてコンコースへ出てみたら、ご覧の空間に驚き。

ドーンデザインといえば、木目調を使ったデザインが多いのですが、
ここは天井が木目、床が明るい色合いが使われている。開放的だし、なんかすごい!

IMG_2550 IMG_2548
コンコースに展示されていた乗り物「ぶんぶん号」

ぶんぶん・・・。「豊後」と引っ掛けてるのか。休日はこれに人を乗せてコンコース内を周回してるらしい
ここは駅のはずでは?そんな遊び心も、ドーンデザインの手法と言えよう。

IMG_2521
大分駅の上野の森口(南口)

こちらもドーンデザインですが、比較的シンプルな造りになってます。

IMG_2518
ドーンデザインといえば、手掛けた作品にはシンボルマークが設けられる事が多い
JRおおいたシティも例外ではなく、このマークは至る所に使われていました。

IMG_2533
もうちょっと手前に引いた様子。
右手に見える木材を外装に使った建物は立体駐車場。ドーンデザインでよく使われる手法

IMG_2559
こちらは駅ビルもある、どちらかと言えば「正面」となる北側。
「府内中央口」という名称が付けられています。

IMG_2562
ロータリーの前には十分な空間が用意されており、連休のため何かのイベントが行われていました。
駅前というと機能的になりがちですが、これだけの空間を用意するもの凄いなぁ。

IMG_2564
水戸岡鋭治氏のコンセプトアートも所々に掲示されていました。

IMG_2579
そして駅ビル屋上(アミュプラザ・シティ屋上ひろば)には、遠目からも見える建造物が。
足を運んだ先には屋上庭園というか、何だこりゃ状態。

IMG_2590
展望台やら遊具やら。

IMG_2583
線路まで敷いてあるし!

IMG_2596
さっきの線路は、屋上を1周300円で乗れるミニトレイン「くろちゃんぶんぶん号」のものらしい。
訪問した際は営業時間外のため、車両にはシートが被されてました。

IMG_2597 IMG_2599
神社まであるし!本当に駅ビルかいな!!

IMG_2591
屋上庭園から駅前ロータリーを見てぼんやり。
そろそろ晩ごはん食べて、ホテルへチェックインしましょうかね。朝も早かったし疲れました。

IMG_2603 IMG_2607
駅ビルにあったお店で唐揚げ定食。大分といえば、唐揚げですね。

IMG_2613
晩ごはんを食べたらすっかり陽が沈んでしまった。

そんなこんなで大分遠征の初日は終了。明日は温泉でも行きましょうかね。

次回に続きます

Pocket
LINEで送る

この記事に星を付けちゃう:これじゃないいまいち普通好き大好き 5.00 (5)
Loading...
コピペ用
関連する記事