春のしまなみ海道レンタサイクル走破ツアー。結構しんどい2日目

□この記事は『春のしまなみ海道レンタサイクル走破ツアー。思ったより大変な1日目』の続きの記事です。

DSC00463
ひたすら自転車のペダルを踏む。
あの海峡を抜ければゴールの今治。あれ?吊り橋の先が見えない・・・。

しまなみ海道レンタサイクル走破ツアー、2日目でございます。

IMG_0394
2017年3月19日()。おはようございます。
大三島は愛媛県なので、NHKで流れる天気は四国。よして予報は晴れ

DSC00359
旅館の朝ご飯をいただく。何度もご飯をお代わりしたくなるおかずの数々。
素泊りで宿泊する機会の多い私ですが、お宿でゆっくり朝食も悪くないね。

DSC00361
旅館の廊下に掲示してあったポスター。
ここ大三島には、この甲冑(赤糸威鎧)のほか、いくつもの国宝が奉納されている国宝の島

DSC00363
ちょっと待て、これいつのポスターだ?

DSC00365
当時の航路が書かれている・・・。

DSC00373
お宿をチェックアウトする際に、これからのサイクリングに供えて人数分の水と湿布を貰いました
食事も豪勢だったし、良い宿だったなぁ。感謝。

DSC00380
本日もこの自転車、もとい拷問装置で今治を目指します。
あぁ・・・思い出しただけでもケツが。ケツが!

DSC00383
せっかく宿泊した大三島。素通りは勿体ないので、宿のすぐ近くの大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)へ
さっき廊下のポスターにあった国宝の甲冑も、ここに奉納されているもの。

正直なところ感心薄かったので「立派な神社だなー」ってレベルでしか見てませんでしたが、
全国にある山祇神社(大山祇神社)の総本社だったんですね。もうちょっとしっかり見とけば良かった。

IMG_0399
♪はっ・かっ・たっ・のっ・しお

で有名な伯方塩業株式会社も、ここしまなみ海道に存在します。
伯方島は隣の島ですが、見学施設がここ大三島の工場にあります。

IMG_0401
「♪はっ・かっ・たっ・のっ・しお!」を奏でられるチャイム

IMG_0403 DSC00396
見学施設って事で塩が製造されパッケージ化される工程の一部を見る事が出来ます。
無料で見学出来るほか、お土産として試供品サイズの伯方の塩を何種類か頂きました。

なお、見学施設内は撮影禁止のため写真はなく。

IMG_0407
あ、「ろんぐらいだぁす」だ。イベントのチラシに使われてるのね。

IMG_0409
意外と美味しかったのが、売店で売ってた塩バニラソフトクリーム。
塩はもちろん伯方の塩。塩分がほんのり甘みを引き出してなかなかのお味でした。

IMG_0422
展望デッキから見た瀬戸内の島々。2日目のサイクリング頑張るぞい。

IMG_0447
もうひとつ屋外に展示場があり、こちらではかつて主流であった「流下式塩田」が再現、展示されています。

IMG_0452
海水を無数の枝に滴下させて、太陽熱と風の力によって水分を蒸発させ、塩分を凝縮させる仕組み。
かつて瀬戸内では多く見られた方式ですが、2010年に伯方塩業が再現復活させたそうです。

IMG_0427
この流下式塩田で作られた塩も、試供品サイズで頂きました。
現代の人口的に作られた食用塩とは異なり、味がまろやかで風味があるとか。今度料理に使ってみよう

DSC00408
伯方の塩から大三島を南回りで、次の「伯方島」を目指します。
メインルートから外れており交通量は少ない。

海岸沿いで平坦な道かと思ったら結構起伏が激しくて大変でした・・。

DSC00418
4本目、大三島橋を渡って伯方島へ。

自動車部分は対面通行のいわゆる「暫定2車線」で残り半分が自転車および歩行者道となっている。
これ、4車線化するつもりは今後とも無さそうね・・・。

DSC00423
この時点で今治まで30km。ゴールはまだまだ先だ

DSC00427
しまなみ造船のクレーン群。

この頃はまだ写真撮ってる余裕はあったのですが・・・。

DSC00429
道の駅の駐輪場の様子。自転車だらけ!

連休だし、しまなみ海道の途中だし、尾道・今治の双方からスタートしたサイクリストが集まっているのかな?
改めてしまなみ海道の集客力に驚きである。

DSC00439
島の面積も小さく、ルート上でも島の隅を抜ける程度なので、伯方島は早々に抜けて次の橋へ。
伯方・大島大橋(伯方橋と大島大橋)を走り、しまなみ海道最後の「大島」

DSC00442 DSC00444
伯方・大島大橋も暫定2車線でしたが、その先のトンネルが4車線分作ってあるように見えるんですが。
自転車道はこれだけ定着してるし、最初これどうするつもりだったのかが気になる。

DSC00453
下から見上げる橋もまた素敵。

DSC00457
途中に掲示してあった観光マップが・・・その・・・古いです。

DSC00459
しまなみ海道、観光客が寄り道する所の殆どに自転車用のスタンドがあるんですよね。
コンビニだってご覧の通り。サイクリストの聖地にはこれが当たり前というか、この辺りの力の入れようは凄い。

DSC00462
大島に入って1時間以上。しまなみ海道最大でかつ、尾道から最後の来島海峡大橋が見えた!!
来島海峡大橋は「来島海峡第一大橋」「来島海峡第二大橋」「来島海峡第三大橋」の総称。全長4.1kmもあります。

あー、途中の峠道とか大変で全然写真撮ってないっす。

DSC00465
そして来島海峡は海の難所でもあり多くの船舶が航行するスポット
ゆえに橋桁も海面から非常に高い所に設置されている。自転車であそこの高さまで行くの?

DSC00476
残りの気合を絞り出し、地上から10分以上かけて橋桁まで上がる
しまなみ海道最大の橋は、そう簡単に渡らせてくれないらしい。

DSC00485
この記事を書いている今思えば、橋桁からの景色とかちゃんと見とけば良かったなーと。
しかしこの時は疲労でそれ所では無かった。さっさとゴールしたい!!

DSC00494
橋を通り抜けるだけで30分も掛かってしまった・・・・。本当、大変!

DSC00498
しまなみ海道という見所を抜けて、後は消化試合というか何というか。
今治駅近くにあるレンタサイクルステーション(17:00閉鎖)に向けて、後はひたすら市街地を走り抜ける

DSC00501
17時ギリでレンタサイクルステーションに到着しました!

DSC00502
2日間お世話になった自転車とお別れ。
面白かったけど、もう二度とやるもんかと心に誓いました(笑

DSC00504
今治駅に到着してからは、JRに乗るサイクリストも多いかもしれませんが・・・

DSC00505
駅前のレンタカー屋へ移動して、ここからはレンタカーによるドライブツアーへ。
いやー、思ったより自転車移動に時間掛かってしまい、2度到着時間を伸ばす電話を入れました。

DSC00510
既に閉まっているので、今治城を外から見たり

DSC00511
開店前の行列に並んだり。

DSC00515
今治といえば、 重松飯店の焼豚玉子飯でござい。

焼豚玉子飯B級グルメとして有名になり、この重松飯店も焼豚玉子飯で有名な店。
まさか開店前から列が出来るスポットだとは思わなかった。

DSC00517
目玉焼きを崩してぐちゃっと。

自転車で疲れた体にガッツリとした飯。見た目は悪いがジャンキーな感じで美味しかったです。

DSC00519
重松飯店でした。

DSC00520
その後はレンタカーで松山市をスルーし、翌日の目的地に近い大洲市へ

DSC00527
大洲市にあった安価のお宿にチェックイン。4人まとめて大部屋なので安かった

DSC00528
朝方に大三島の旅館で頂いた湿布の有り難みを感じる。
これ貼って、今夜はぐっすり寝ましょう。

そんなこんなのしまなみレンタサイクル走破ツアーでした。
メインは終わりましたが、3日目はレンタカーで愛媛観光でございます。

3日目の話題に続きます

Pocket
LINEで送る

この記事に星を付けちゃう:これじゃないいまいち普通好き大好き 5.00 (7)
Loading...
コピペ用
関連する記事