初めての海外旅行。台湾へ行ってきたお話。(その4:台湾観光前編)

□この記事は『初めての海外旅行。台湾へ行ってきたお話。(その3:台湾街歩き後編)』の続きの記事です

P1170751
写真は台湾の観光案内でよく見る「十分(シーフェン)」という観光地。
線路上で天燈(ランタン)を打ち上げるという、日本じゃまず考えられないような光景。

台湾観光2日目は観光地めぐり。それではその様子をさらーっと。

P1170571
2016年11月4日。おはようございます。

今日は十分とか九份とか見て回る計画でしたが、生憎の雨降りで予定変更をせざるを得ない状態に。
行けなくもないけど、やっぱり歩き回る事を考えれば雨降りってのは厄介。

P1170574 P1170581
予定を変更し、タクシーに乗って「國立故宮博物院」へと足を運びました。

P1170607
國立故宮博物院、外観。
多くの所蔵品を展示し、台湾の国立博物館のなかでも最大規模だそうだ。

P1170585
入館料は250元。訪問時のレートで870円くらい

P1170590
代表的な所蔵品として有名なのが、この「白菜」
何がどう有名かって?そのへんは省略だ!!(実はよく分かってない

P1170604
博物院っても、日本語で書いてある訳じゃないのでさっぱりだ
(日本語ガイドが有料レンタル出来る)

世界史に詳しい友人は興味深く所蔵品を見ていたようですが
その辺さっぱりな私には、昨日の疲れもあってちょっと退屈してしまった。

観光に教養って大切ですね・・・。

P1170618
國立故宮博物院を正面から見た様子。こういう光景、日本ではお目にかかれないのでは?

P1170613
そして博物院の正面には古そうな高層住宅。何だろう、これ。
こういうの見てると条例による外観の規制の必要性を感じますね。

P1170623 P1170625
博物院からタクシーに乗って最寄りのMRT駅である士林(シーリン)駅へ

博物院前で乗客待ちをしていたタクシー運転手に頼んだら
「俺たちは長距離の乗客を待ってるから乗せないよ」的な対応で何だよー、と思ったが
ちゃんと短距離がOKなタクシーを捕まえて案内してくれた。親切だなぁ。

P1170628
駅にコインロッカー?かと思ったら液晶モニタが埋めてあって、何だろうこれ。

P1170630
察するに晩ごはんの食材等を売っているらしい。
ロッカーが冷蔵庫になっているので、代金を支払う事で駅で食材を手に入れて帰れるという。

未来ずらー(適当なコメント

P1170644
昼飯のため赤色の淡水信義線に乗り、中山(ゾンシャン)駅へ移動。

P1170641
壁の広告、よく見たらJR東日本の広告だった。
鉄道会社も海外で観光誘致をしてるんだなぁと。意外な発見でちょっと驚き。

P1170642
台湾でガーラ湯沢の文字を見るとは・・・。

P1170657
鼎泰豐(ディンタイフォン)で小籠包等々をたらふく食べる。
大衆食堂と違ってちょっと単価は高いですけど、日本で食べるのよりは断然安い!

支払いはひとり単価720元。訪問時のレートで2,500円くらい
・・・結構贅沢に食ったな。

P1170663 P1170667
昼飯を食ったら急ぎ足で台北駅へ移動して台鉄(台湾国鉄)の列車に飛び乗る

P1170666
この「自強號」というのに乗って、当初の観光目的地「十分(シーフェン)」へと向かいます。
「十分」へ向かうには、途中の瑞芳(ルイファン)という駅でローカル線へと乗り換えます。

P1170669
座席は全席指定ですが特急料金は不要。
急いでたので指定席とかアレコレしている暇は無かったのだ。通路にて立席。

中山からタクシーに乗った方が早かったかもしれないが
その国の人が利用する鉄道に乗ることも、その国の文化を知る事になるかなと。
(個人的には楽しかったけど、友人らには窮屈だったかもしれない)

P1170687
40分くらい乗車して瑞芳駅で下車。

P1170690
ここから平溪線というローカル線へと乗り換える。
接続はあまり良くなく30分まち

P1170695
貨物が通りますよー

P1170691
平溪線と日本の江ノ電では観光促進協定を結んでおり
片方の使用済み一日乗車券を持参すると、もう片方の一日乗車券が無料で貰える取り組みをしているらしい。

こんな所でも日本の鉄道会社を見るとは・・・。

P1170693
駅には無料の充電用コンセント。旅行者には有り難い存在

P1170692
平溪線は元々、炭鉱のために作られた路線。
十分は有名な観光地であるが、向かう先は山奥のため基本的に本数は少ない様子。

P1170721
発車時刻も近くなり、列車がホームへと入線。
雨が強くなってきたけど、大丈夫かな?

P1170717 P1170724
車内はロングシート。車内の便所の配置とか、何かこう親近感・・・?

P1170719
あ、日本車輌じゃん!これ豊川(愛知県)で作った車両なのかな?

P1170732
ローカル線にしばらくゴトゴト揺られた後に、周囲が明るくなりました。
目的地の十分に着いたっぽい

P1170734 P1170736
列車を降りたらタブレット交換をしてたので、つい見てしまう。

P1170737
十分駅に到着。観光地なので降りる人、乗る人が多いですね。

P1170750
冒頭にも少し書きましたが、十分は線路上で願い事を書いた天燈(ランタン)を上げるので有名。
昔からこの地でランタンを上げる文化があったのが由来ですが、細かい話は省略。

本来は日中に来る予定でしたが、夜間の方がランタンが輝いて綺麗ですね。
心配していた雨降りも、いつの間にか止んでいました。

P1170757
今ここでランタンを上げてるのは大体、海外からの観光客でしょうかね。
ランタンに書いてある文字で何となく分かります。

P1170764
こちらは日本人観光客グループだ

P1170767
ふわっと打ち上がったランタン。実に綺麗な光景なのですが
これ、どこに落下してランタンはその後どうなるんだろう・・・・。

P1170775
当たり前のように線路上を歩く。

P1170796 
禁止行人通行とは何なんだろうか・・・。

P1170785
営業路線なので、もちろん線路上には列車が通ります。

さすがに商店の人が声掛けをして、線路上から観光客を待避させます。
観光資源だし、黙認状態なのかな?

P1170788
通り過ぎる列車をこの距離で見ると迫力あるな・・・。

P1170801
我々も商店に頼んでランタンを上げましょう。
200元を支払い、ランタンに墨で願い事を書きます

P1170815
4面それぞれに願い事を書いたら、店員さんが手際よく燃料をセット

そして店員さんは、器用にも片手でスマートフォンで動画を撮影しつつ、もう片手で記念撮影のシャッターを切る
日本語で「並んで」とか「ポーズして」とか、もう手際が良すぎて驚きだった。

台湾の観光地、店員が日本語話せる確率結構高いぞ。

P1170834
我々のランタンは武事に上がりました(撮影:店員さん)
願いは、・・・かなう?

P1170857
他にも観光要素は色々あるらしいけど、時間の都合でランタンを上げたのみ。
都合、滞在時間は1時間程度で次の列車に乗ってささっと撤収。

P1170850
忙しないけど、ローカル線にも乗れたし、ランタン上げがも出来たので満足。
すっかり日も暮れてますが、まだ観光地に寄るらしいよ?

次回に続きます

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に星を付けちゃう:これじゃないいまいち普通好き大好き 5.00 (6)
Loading...
コピペ用
関連する記事