かつて石炭で栄えた炭鉱の島。長崎県「池島」の炭鉱遺産めぐり(上陸編)

□この記事は『初めての佐世保で見る、知る、食べる、が楽しかった1日観光』の続きの記事です

IMG_4169
長崎観光2日目は、長崎県の西部、西彼杵半島(にしそのぎはんとう)の沖合に浮かぶ「池島」という離島
かつて池島炭鉱として石炭の産出で賑わった炭鉱の島

炭鉱で離島というと、長崎市の軍艦島の方が有名ですが
こちらでは坑内の見学ツアーなども行っている事も在り、前々から行ってみたかった場所です。

IMG_3832
おはようございます。
宿泊していた佐世保駅前のホテルを抜けて、駅西の「新みなとターミナル」へとやってきました。

IMG_3822 IMG_3823
今回向かう先は、冒頭にも書いたとおり「池島」なのですが、そこは佐世保から結構離れた場所に位置します。
しかしながら1日2便だけ佐世保から池島へと向かう高速船が出ているため、今回はそれを使います。

IMG_3837 IMG_3838
佐世保発は7時22分発なので今朝は早起きとなりました。 (眠い)
・・・さて、窓口でチケットを購入しましょう。

IMG_3833 IMG_3834
高速船に約1時間乗船する事もあり、運賃は1,910円とちょっとお高め

IMG_3855
時間が近づき桟橋へとやってきた高速船。いかにも速そうなフォルムだ

IMG_3860
乗船する人たちの層を見てみると、作業着の人が殆どで観光客が皆無
これから何処かへ働きに出るのだろうか・・・?

IMG_3866 IMG_3868
小さく感じる高速船ですが、船室内は結構広々。作業服の人に混じって自分も適当に着席

IMG_3870
天候が怪しめだけども、天気予報ではこれから持ち直すはず。
これから約1時間の乗船となるので、のんびり過ごしましょうか

IMG_3891
しばらくして造船所らしき構造物が見えてきた。最初の寄港先である大島に到着

IMG_3898
乗車していた大勢の作業着乗員はぞろぞろと下船へ
どうやらこの造船所にお勤めの方々だったんですね。

IMG_3908
そして桟橋から自転車に乗り換えて造船所へ向かう姿を見かける。
これが造船所の通勤スタイル・・・?

IMG_3903
そして船内に残ったのは自分を含めて3人のみ。
高速船は池島まで運行されていますが、観光より大島造船所への通勤手段としての特色が強そうだ

IMG_3904
残ったのが観光客だけと知ったためか、これまで封鎖されていた後部のドアが開き
「上に行けるよ」と乗務員から案内される。折角なので行ってみましょうか

IMG_3920
窓ガラス越しじゃないので、外がよく見えますねー。造船所おっきい!

IMG_3947
そのままずっと甲板上の座席に居たのですが、この日は波が荒く高速船が揺れるのなんの!

荒波の衝撃でそのまま海へと投げ出されそうなくらい揺れてた。これが当たり前なのかしら?
デッキへ上がったのは良いが、手すりを離せずにいました。

IMG_3955
手すりにつかまることしばらく、高速船の進行の先に池島が見えてきました

IMG_3968
桟橋のある湾内へと進入する高速船。

IMG_3978
さすがは炭鉱の島と言いますが、上陸前から炭鉱の関連施設が見えてきました

IMG_3989
はい、という訳で到着しました。長崎県は池島でございます。
下船したのは大島で残ってた3人のみ。今日は連休なのですが、普段から利用者はこのくらいなんだろうか?

IMG_3993
桟橋にあった色あせた島内観光マップを見るなど。

見学ツアーに参加するため予約済みですが、その時間までは島内を散策する算段
しかし小さい島とはいえ歩くにはちょっと大変なので、乗り物が欲しいところ。

IMG_3994
ねこ様。

IMG_3996
さて、どうしようかな?

IMG_3997 IMG_3998
とりあえず歩いて、レンタサイクルをやってる「みなと亭」という所へ足を運ぶ

自転車の貸出し状況を聞いてみたが、取扱が4台のみで貸出しと予約で空きが無い模様。
レンタサイクルをアテにするなら、事前に予約しとく必要がありそうですね・・・。

IMG_4001
見学ツアーまで2時間くらい余裕があるし、適当に歩いてみよう
「みなと亭」からちょっと進んだ先に坑道用のトロッコが野ざらしで展示されていた。

IMG_4011
どこかへ続いているトロッコの線路。雰囲気が出てますな

IMG_4013
ウロウロとしてたら島内を走るコミュニティバス(1乗車100円)がやって来たので乗車
島っても平坦ではなく、結構高低差があるから車で奥まで行けるのは有り難い。

IMG_4014
コミュニティバスでやって来たのは池島の最奥地であろう、「神社下」バス停を降りる
この辺りでは池島の探索要素のひとつ、住民の居なくなった団地群を見る事が出来る。

IMG_4016
ひときは大きく変な形をしている8階建ての団地は、池島の炭鉱マンのための社宅だったという。
池島を紹介する記事とかでは、だいたい目にする物件。

IMG_4028
団地は柵で囲まれており立入禁止の文字。夏場なので雑草が生い茂ってます

IMG_4033
島の傾斜を利用して、団地の裏手は5階部分から入れるようになっている。
・・・もちろん、立入禁止である。

IMG_4037 IMG_4039
外壁はコンクリートなので形状を保っているが、窓部分に関してはご覧の通りの劣化具合
しばらくは崩壊の危険性は無さそうだけども、これもいつまで今のように見て回れるのだろうか?

IMG_4047
封鎖された第2立坑入口。うっすら見えるのは「御安全に」の文字

IMG_4057
公道のはずなんだけど、手入れが間に合ってない道路。

IMG_4080
同じく住民はもう住んでいないであろう低層の団地

IMG_4082
住宅街各所で見かける剥き出しのパイプ。

IMG_4096 IMG_4097
団地街にある「小売センター」と呼ばれる建物。観光客はここで買物や食事をする事が出来ます。

IMG_4102
ここにもねこ様。

IMG_4109
さっきから住宅街をウロウロしているが、遭遇するのは数人の観光客のみ。
地元の人は何処に居るのか。そもそもどこに住んでいるのだろう?

IMG_4116
人の気配を感じない場所。孤独を楽しむには良いかもしれないが、恐がりにはちょっと不気味。

IMG_4124
そんな住宅街を見ながらバスで来た道を戻ります

IMG_4126
シャッターの降ろされた店舗兼・住宅街

IMG_4128
「新店街通り」というバス停名が寂しい

IMG_4127 IMG_4131
郵便局は全国何処にでもあるのが凄い。民営化で懸念はされていましたが、まだ大丈夫っぽい?
けど平日のみ営業でATM含め中に入ることはできず。

IMG_4153
炭鉱の遺産ばかり見ていましたが、坂を下りながら見えた海が綺麗だなぁと思ったり。

IMG_4155
さっきまで団地街でしたが、桟橋の方へ戻ってくると炭鉱関連施設が見えてきます

IMG_4163
天候も回復して良い天気でしたが、歩き回るにはちょっと暑かったかも。

IMG_4171
さて、桟橋の方まで戻ってきましたので、後半では見学ツアーをさらっと紹介します。

次回に続きます

Pocket
LINEで送る

この記事に星を付けちゃう:これじゃないいまいち普通好き大好き 5.00 (7)
Loading...
コピペ用
関連する記事