奈良県十津川村といえばこれ、日本一の吊橋「谷瀬の吊橋」へ行ってきました

IMG_2896
生活用の吊橋としては日本一の長さを誇る谷瀬(たにぜ)の吊橋
奈良県十津川村の観光といえばコレ、とばかりに観光情報を調べると必ず出てくる物件。

十津川および熊野古道をめぐる旅行の際に立ち寄ったお話を交えて紹介。

IMG_8089 IMG_8090
という訳で名古屋西ICから東名阪道・・・のつもりがいきなりの渋滞情報に出鼻を挫かれる
四日市で一般道へ降り国道1号線を走り、そこから名阪国道を使って奈良方面へ向かいます

IMG_8092
途中、奈良県の天理を通る事だし、ここは素通りせず寄り道して彩華ラーメンをいただく。

IMG_2812 IMG_2818
京奈和自動車道と国道24号を使って十津川方面へ。
その途中で見えた金剛山、あの向こう側は大阪府なのかーなどと思いながら車を走らせる

IMG_2829 IMG_2831
五條市で未成線である五新線の遺構を見るなど。
和歌山線の五条駅と紀勢本線の新宮を結ぶ計画で工事が行われた同路線、工事が凍結され現在に至る。

街中にどどーんと残っているももんなんですね・・・

IMG_2839 IMG_2837
五條市より国道168号に入り、今回の目的地である十津川へ向かいます

IMG_2845
国道168号線に併走するように残る五新線の遺構
工事が凍結された後はバス専用道として転用されていたそうですが、専用道を走るバスも廃止されたという。

IMG_2849 
近寄れるポイントがあったのでトンネルの様子を見てみたら入口は封鎖。当然か・・・

IMG_2852
山奥へ進につれ道幅は狭くなり、一部は「酷道」と呼べるような場所もあり

IMG_2941
で、名古屋からはるばる到着しました。日本一の「谷瀬の吊橋」でございます!
長さは297.7メートル。水面からの高さは54メートル。高い!

IMG_2862
殆ど観光地化されていますが、一応は生活用の吊橋
通行料は特に必要ありませんが、近くの村営駐車場が500円なので実質それが利用料。

安全のため写真のように警備員が常駐していました。

IMG_2872
それでは念願の吊橋へ足を踏み入れますが・・・

ひゃー、やっぱり怖い!

IMG_2869
何が怖いかって、この頼りない板きれが怖い!

歩いてると反り返るあたりが「バキ」っと抜け落ちてしまいそうで、一歩一歩がブルっとなる。

IMG_2876
歩道となっている板の幅も狭い。周囲は金網が張ってあるけどスケスケなんで怖い!

IMG_2879
全長約300メートルというのは長い。ようやく半分までやってきました

頼りない踏み板、水面からの高さ、そして強風による横揺れで感覚がおかしくなってきたぞ・・・

IMG_2884
それ、もうちょいや・・・。

IMG_2890
何とか渡りきって対岸までやって来ました・・。

IMG_2888
明らかに観光客20人以上乗ってたんだけど大丈夫なんだろうか・・・?

IMG_2894 
横側から見た谷瀬の吊橋

IMG_2899
大型観光バスも到着したようで、観光客がずらずらと渡っております

IMG_2909 IMG_2906
なお、観光地化されてるとはいえ生活用の吊橋。
対岸に渡ったところで売店と公衆便所がある以外に特に何もありません。

IMG_2925
つまりは、もう一度吊橋を渡って帰るしかないのです!

IMG_2933
復路は慣れもあってか、往路ほどの恐怖もなくすんなり渡れました。

往路で対面から来る人がヒョイヒョイと歩いてくるのはそういう事だったのね
慣れってのは不思議なもんですね。感覚のマヒかもしれませんけど・・・

IMG_2958
橋の上から景色を眺める余裕もあったりと。インパクト十分の吊橋でございました

IMG_8094 IMG_8104
その日はそのまま十津川の温泉郷にある温泉宿に宿泊。
宿で食べる晩ごはん。そして何度も入れる温泉。たまには温泉宿も良いですね

次回に続きます

Pocket
LINEで送る

この記事に星を付けちゃう:これじゃないいまいち普通好き大好き 4.67 (6)
Loading...
コピペ用
関連する記事