リス村と岐阜城のある金華山ロープウェーへ、ロープウェイカードを貰いに行こう

IMG_6609
御在所ロープウエイに引き続き、中部索道これくしょん第2回。
今回は岐阜県岐阜市にある金華山ロープウェーへと足を運びました

このまま全部集める・・・には道のりは長そうですが、近場だし久しぶりに行ってみたお話。

IMG_6576 IMG_6579
東海道線に揺られて岐阜駅へ。jpgなのにgif画像

IMG_6581
駅前ではドライミストが噴射中。もうそんな季節になりましたね

IMG_6583
黄金の織田信長公がみてる

駅前の信長様は今日も輝きながら岐阜市民を見守っていらっしゃる。

IMG_6783
路線バスだってこんなラッピングなので驚いてはいけない

そう、ここはノブナガシティ岐阜である!

IMG_6587 IMG_6589
岐阜駅前のバスターミナルは多方向のバスが発着するので、どれに乗ればいいのかサッパリだ
金華山は長良橋を経由する系統に乗ればいいらしいので、それっぽいバスにライドオン

IMG_6593
つつがなく金華山の最寄り、岐阜公演歴史博物館前に到着
岐阜市内近郊区間は一律210円となっています。

IMG_6594
ずーっと平地を走ってきましたが、目の前にそびえるのが金華山
その山頂付近に「ちょこん」と見えるのが、織田信長ゆかりの岐阜城である

しかし、よくあんな所に築城したもんだ。

IMG_6597
道路沿いには岐阜公園とロープウェイ、そして岐阜城を案内する看板あり

IMG_6768
金華山ロープウェーの乗り場は岐阜公園の中にあります
公園にも色々あるみたいですが、とりあえずロープウェイに乗りましょう

IMG_6605 
建物に入ると早速とばかりに金華山ロープウェーの窓口を発見。
往復券を買うついでに「ロープウェイカード」の入手方法も聞いてみましょう

IMG_6608
窓口で尋ねたら、そのまま貰う事が出来ました。ロープウェイカード2枚目回収!

IMG_6612
「今スタンプカードをやっているんですよ」

と窓口のお姉さんから戴いたスタンプカード。
ロープウェイカードを配布している事業者を全部集めよう、とか結構しんどいぞこれ!

IMG_6770
2枚目集めたばかりなのに。また御在所行かないかんやんけ・・・

IMG_6615
まぁカードはさておき、かなり久しぶりに金華山ロープウェーを訪れた事だし、金華山の方を楽しみましょう
お土産売り場でやけにプッシュされている、リスの「リロちゃん」関連商品。リス村のものだろうか?

IMG_6619 IMG_6621
夏休みも近いことから、通常15分毎運転のところを10分毎運転をしているそうだ。
「10分なら売店見てからいくかー」と、あえて1本逃したのですが「今から臨時便を運行します」と案内

金華山は交走式(2つのゴンドラがつるべ式に往復する)のため、どうやら上から降りる客が多いようだ
空いているイメージだったので、臨時便の運行は意外でした。

IMG_6627
その臨時便に乗り込みいざ出発。
2011年にリニューアルされたという客車はさすがに綺麗ですね

IMG_6625
そしてロープウェイで初めて羽根の無い扇風機を導入したのも、この金華山ロープウェーだという。
羽根が無いから子供が手を入れても危なくないですね。ってかどう見てもダイソンだ

IMG_6634
ガラスの面が広く開放感があるのが良いところ

IMG_6637
金華山の標高は329m、ロープウェイの高低差255mなのでそれほど長く・高くはないロープウェイ
それでも地上からはどんどん離れてゆく様を見るのも面白い

IMG_6641
およそ3分の乗車時間で山頂駅へ。あっという間でしたね

IMG_6650
山頂駅を降りて目の前に現れるのが「金華山リス村」。なんだこりゃ!

IMG_6682
入園料200円という事だったので入ってみる事に

調べてみると、昭和初期に岐阜市で開催された博覧会の台湾館から脱走した「タイワンリス」が野生化
その野生化した金華山のリスを捕獲して調教したのがこのリス村であるとの事。すごい経緯だな・・・

IMG_6686
なお、リス専門の動物園は「日本でここだけ」だそうだ。

IMG_6658
園内には人間に慣れたリス達が多数、オープンゲージ内で走り回ります

IMG_6655
200円の入園料に含まれる「餌」をチラつかせる事で、リスが寄ってきます
わぁ、リスを間近で見るなんて初めて。かわいいなぁ!

ちなみに、餌が無くなるとリスは寄ってきてくれません。現金な奴め・・・

IMG_6695
リス村で遊んだ後は、信長様ゆかりの岐阜城もウォッチ!

IMG_6698 IMG_6697
なお、織田信長は12代目の城主。パネル展示に教えられる私

IMG_6700 IMG_6701
現代ではその行程の殆どをロープウェイでパス出来るものの、やはり山岳に築城された城
本丸へ辿り着くには石段の数々を登らなければならない。けれども「歩きやすい靴」じゃない人が多いここは観光地

IMG_6699 IMG_6647
ちなみに金華山は初級向けの登山スポットであるため、それらしい人もちらほら見かけます
標高が低いため何度も往復しているだろう爺さん、トレイルランをしている人も居たりなど観光客ばかりではない。

IMG_6706
そして標高が低くとも上級者向けのコースもあり

IMG_6784
「老人・幼児には無理です。」

の表示は「高杉さん家のおべんとう(著:柳原望)の7巻でも登場しましたね

IMG_6703 
さて、見えてきました岐阜城

IMG_6716 IMG_6717
もちろん再建された白なので内部は資料館を兼ねたコンクリ構造
入城料は大人200円なので、資料に興味がない人も展望台の料金として支払うも良し

IMG_6729
せっかく訪れたが今日はあいにくの空模様。午前中は晴れてたんだけどなぁ

IMG_6751
岐阜城から見える長良川。そして広大な濃尾平野

IMG_6744
しかし岐阜市の北の山県市、東の各務原市や関市あたりに目を向けると
平野ではなく小高い山が点々としている。これもなかなか面白い光景

IMG_6762 IMG_6764
そんなこんなでロープウェイカードも回収、リスと遊んで展望も楽しんだので帰る事にしましょう。
夏場は夜間営業もしているそうで、それに夜景のスポットでもあるという。また訪れてみたいですね

IMG_6774
再び岐阜行きのバスに乗り込み帰路へ。

岐阜駅から少しだけ離れていますが、リス園も岐阜城からの眺望もなかなか良いモノ
信長シティ岐阜、そして金華山へ訪れてはいかがでしょうか?

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に星を付けちゃう:これじゃないいまいち普通好き大好き 5.00 (8)
Loading...
コピペ用
関連する記事