「はやぶさ」好きが集う駅。若桜鉄道「隼」駅へ行ってみよう

□この記事は『鉄道むすめスタンプラリー智頭急行編』の続きの記事です

IMG_4014
ここは旧国鉄若桜線を引き継いだ鳥取県の第三セクター鉄道路線、若桜鉄道の隼(はやぶさ)

よくある地方の無人駅ですが、その「はやぶさ」の名にちなんで、多くの愛好家が集う場所
鳥取への鉄道むすめスタンプラリー兼、観光旅。そんな隼駅に足を運んでみました。

IMG_3910
智頭でお祭り気分を堪能してから駅へと戻ってきました。
スタンプも回収したので、後はのんびり観光モード。

IMG_3927
智頭駅のホームにあった貼り紙。智頭農林高校の生徒会から何かを感じるぞ・・・・!

IMG_3912 IMG_3919
智頭駅で折り返し鳥取行きとして入線してきた普通列車は智頭急行の車両でした
因美線に乗り入れてたんだ・・・。知らなかった

IMG_3918
車内でもプッシュされる恋山形駅。

IMG_3942
表題にも書いてある若桜鉄道への分岐となるのは、因美線の「郡家(こおげ)」駅

しかし地方ローカル鉄道路線。接続する列車があるわけなかった
次の列車まで1時間もあるじゃないですかー!

IMG_3948 IMG_3952
その辺りはさすがに織り込み済み。駅前から若桜鉄道の終点、若桜駅まで行く路線バスが発着しているのだ
時刻も調べてあったので、因美線を降りて大して待つこともなくバスがやって来ました。

IMG_3954 IMG_3960
しかし路線バスで終点の若桜駅まで行ってしまうと、運賃が結構かかる
そこで2つ先の「西御門」というバス停まで乗車。運賃170円(税率改定前)

IMG_3962
バスを降りたら目に入った萌えキャラ。何かと思えばパチンコ屋か
僕の知らない鳥取がそこにありました・・・・。

IMG_3963 IMG_3964
西御門のバス停からそこそこ離れてはいますが、ここから隼駅まで行くことができます
(鉄道路線とバス路線はちょっと離れてる)

IMG_3970
しばらく歩いて、何やら鉄道車両が見えてきましたよ

IMG_3976
近くまでやって来ました。
線路脇に設置されているのは北陸鉄道から譲渡・設置されたED30形電気機関車

IMG_3988
そして連結されるように設置されている客車。通称「ブルートレイン」ですね

IMG_3985
2011年にJR四国より譲渡・搬入されたこのブルートレインこと12系客車
かつて「ムーンライト高知」で使われていた経緯もあり、「ムーンライトはやぶさ」なんて愛称が付いてました

休憩所やライダーハウスとして一般に開放されているそうです。

IMG_3982
どれ車内を・・・っと思ったら、今日は地元の同好会による貸切イベントが行われていました。

説明書きを見ると、基本的に休憩は予約制らしい
WEB上にあまり情報が無かったので知らなかった・・・

IMG_3990
ぐるっと回って隼駅を正面より。

IMG_3998
駅舎内はかつての窓口がそのまま残っており、なかなか味わい深いものがあります。
現在は無人駅で駅員の配置はありませんが、窓口内は保存会による売店に転用されていました
(ちなみに訪問時は不在)

IMG_3995
実はここ、隼の名にちなんで、「スズキ・GSX1300Rハヤブサ」のオーナーが愛車と共に訪れるスポット
駅の外、中にも同車のポスターが貼られています。

IMG_3994
掲示板には隼ライダーたちの記念写真がずらり並んでいる
鉄道駅なのに、ライダーが集まる。何だか凄いなぁ・・・

IMG_4016
毎年8月には「隼駅まつり」として全国の隼ライダーたちが、ここ隼駅に集結するという
バイクの世界はよく分かりませんが、いかにハヤブサが。そしてこの隼駅が愛されているかを感じます

IMG_3993 IMG_3996
NTT西日本 フレッツ光ネクスト隼-はやぶさ-

こんなものまであった。これもはやぶさ関係か・・・!

IMG_4006
隼駅のホームはこんな感じ

IMG_4009
あ、駅員さん!?

と思いきや巨大な人形。人間かと思ってびっくりしたわ!

IMG_4008
そんな感じの隼駅を堪能。なかなか面白かったな

IMG_4005
良い天気だ・・・。
せっかく来ているのだし、若桜線の終点、若桜駅まで行きますよ

IMG_4054 IMG_4055
本数の少ない同線ですが、事前にダイヤを確認して行程を組んだので何とかなります
隼駅から若桜行きの列車に乗り込む

IMG_4070
車内で1日乗車券を購入

IMG_4065
ボックス席に座って車窓を眺める。やっぱコレだね!

IMG_4102 IMG_4103
若桜駅へと到着しました。こちらも古い駅舎なのですが・・・

IMG_4115
見どころは駅構内にあるこちらの車両たち

IMG_4114 IMG_4111
近くで見ることもできますが、ここから先は有料コンテンツ!

経営の厳しい地方ローカル線ですもんね。これも貴重な収入源
でも先ほどのフリーきっぷに入構料金も含まれているので、窓口へ申し出れば許可証を貰えます

IMG_4119
構内で保存されているのはC12形蒸気機関車

この車両を使って構内で運転体験が出来るそうですが、訪問した日はシーズンオフ。
いずれ本線を運転して観光客を呼び込もうという構想もあるそうだ。

IMG_4123
同じく保存車両のDD16形ディーゼル機関車。こっちも運転体験が出来るそうです

IMG_4120
蒸気機関車に転車台。実際に動いてる姿を一度見てみたい・・・!

IMG_4149 IMG_4152
もうひとつ、若桜駅の近くには、かつての城下町の名残として蔵が残り
それを「蔵通り」として観光案内に書いてあったので行ってみました

IMG_4147
しかし、蔵通りにはこんなメッセージも・・・。

IMG_4158 IMG_4159
さて、鳥取駅直通の列車に乗って、鳥取駅前にある今日の宿へ向かいましょうか。
隼駅に若桜鉄道。なかなか面白いところでした。

IMG_4167
ところで各駅で人形を見かけたんですが、なかなか不気味である。

IMG_4178
そんなこんなで鳥取駅に到着。ここへ来るのは何年ぶりだろう?

次回に続きます

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に星を付けちゃう:これじゃないいまいち普通好き大好き 4.67 (3)
Loading...
コピペ用
関連する記事