河口湖カチカチ山ロープウェイから見える富士山はまさに「絶景」だった

□この記事は『鉄道むすめスタンプラリー富士急行編』の続きの記事です

IMG_2377
富士五湖のひとつ、河口湖へとやってきました。
河口湖もいいけれど、やっぱり見たいのは世界遺産かつ標高日本一の富士山!

河口湖駅で周辺の観光スポットを調べていたら、ここ「カチカチ山ロープウェイ」からよく見えるとの事で足を運んだ話。

IMG_2276
富士山を背に見える河口湖の駅舎。今日は良い天気で本当に良かった!

IMG_2287
まずは駅から歩いて河口湖へ。
観光地なので駅から路線バスも運行していますが、歩いて15分くらいで行けるみたいです

IMG_2289
河口湖に到着ーって、ここにも除雪時の残雪が。

IMG_2297
スワンボートがちらほら浮かぶ河口湖。シーズンオフなのか人も少なく落ち着いた良い雰囲気

IMG_2315 IMG_2317
さて、河口湖もいいけど、やっぱり富士山ですよね!
山から富士山が一望出来るという、河口湖畔のカチカチ山ロープウェイへ

IMG_2318
料金は大人往復700円ですが、河口湖駅で配布してた割引券を持っていくと一割引になります

IMG_2325 IMG_2320
「カチカチ山」にちなんでロープウェイのゴンドラには狸の姿が。泥船っすか?沈むんですか?
そんな昔話の「かちかち山」の舞台と言われているのがここ天上山だそうです。

ロープウェイ乗り場から終点がすぐ見えるとおり、展望台はそれほど高くない場所にあるみたい

IMG_2342 
ロープウェイを登ると、河口湖のほぼ全景が見える。レイクビューだ!

IMG_2343
レイクビューもいいけど、富士山を見に来たんですよ!
「富士山、今日はよく見えますよー」と案内するスタッフに期待しつつ、展望台へと向かう

IMG_2345
お・・・・おおーーー!?

IMG_2367
そこには、とても雄大な富士山がありました。

思わず「おおー!」っと声が上がる。そして一気にテンションも上がる
地上からもよく見えましたが、展望台からは更によく見える。ちょっと逆光ですが、気にならない程度です。

IMG_2356
あれが富士急ハイランドか。こう見るとちっちゃいなぁ

IMG_2372
あの辺が富士の樹海ってやつかな・・・?

IMG_2399
展望台は富士山を見に来た観光客で賑わう。
季節がまだ冬なのでそれほど混雑はしていませんでしたが、ハイシーズンはかなり混雑するんだろうな

IMG_2408 IMG_2373
展望台には売店があり、こちらは富士山のお土産品やグッズで賑わっている

IMG_2414
ここから三ッ峠方面への登山ルートになっているのですが
さすがに今のシーズンはご覧のような状況。富士山の近くで登山も面白そうだ

IMG_2421
ロープウェイ駅を降りて河口湖駅へ戻る途中で見た歩道の鉄柵
2月の大雪の爪痕でしょう・・・。こんなものをねじ曲げるほど凄かったようです

IMG_2423
展望台でのんびりしていたら、電車の発車する時間が迫ってたので急いで乗車
首都圏から近い観光路線とはいえ、運行本数は少ないので1本逃すと結構大変

IMG_2425
飛び乗った電車は富士急行6000系電車。
JR東日本の205系を譲り受け改造した車両なのですが、外見からも205系の面影はありますね

IMG_2440
内装はこんな感じ。同車両は「ドーンデザイン研究所」の水戸岡鋭治氏によるデザイン
通勤電車のため、205系から大幅な改造はされていないのが分かりますね

IMG_2439 IMG_2429
ドーンデザインお馴染み、木材を使ったつり革。目立つ単色で塗りつぶすような色使いもお馴染みですね

IMG_2427
デザインされたロゴとのれん。

今や全国で見られるようになったドーンデザインですけど、見比べてしまうと似たり寄ったりな感じもしますね
その辺りは発注主(鉄道会社)からの注文内容と予算次第なのでしょうか・・・。

IMG_2457
電車内からもくっきり見える富士山。通勤電車でのんびり移動する

IMG_2473 IMG_2467
そして次の目的地である下吉田駅に到着。ここで一旦区切りましょう

次回に続きます

Pocket
LINEで送る

この記事に星を付けちゃう:これじゃないいまいち普通好き大好き 5.00 (1)
Loading...
コピペ用
関連する記事