「全国“鉄道むすめ”巡り3rd」で全国11事業者のスタンプラリー!(和歌山電鐵:神前みーこ編)

□この記事は『京阪電鉄:石山ともか編』の続きの記事です

IMG_2085
第1回の全国“鉄道むすめ”巡りから2年。再び参加となりました和歌山電鐵

という訳で、京阪に引き続き鉄道むすめスタンプラリーの話題。表題のとおり和歌山電鐵です
和歌山電鐵といえば「ねこの駅長」で有名な会社。そして運行する電車もちょっと変わったものが走っていますね

ねこの駅長の現状など、2年ぶりに訪れた和歌山のお話です。

IMG_2023 IMG_2022
京橋から大阪環状線に乗って天王寺へ。そこから和歌山へは紀州路快速に乗車

IMG_2025
日中は15分毎に運行している、関西国際空港と和歌山行きの快速電車。(日根野で分割)
時間の関係か、紀州路快速の方の車両は特に混雑する事もなくまったりムードで約1時間

IMG_2028
2年ぶりにやってきました。終点の和歌山駅に到着

IMG_2030 IMG_2031
「和歌山電鐵って何番線だっけ・・・?」
と、駅の案内版で確認しようと思ったら、そこにはねこ駅長「たま」のイラストが掲示されているじゃないですか。

IMG_2035
別の案内版にも和歌山電鐵貴志川線の部分には「たま」のイラストが。

IMG_2033
和歌山電鐵のホームに続く階段には、前回と変わらず「たま」のイラストが多数並んでました
これなら初めて来た人でも分かりやすいですね (※和歌山電鐵のホームと改札口は、JR和歌山駅の改札内にある)

IMG_2044
和歌山電鐵のホームへ上がってきました

IMG_2038 
肝心の「たま駅長」は本日不在の模様。代わりにニタマ駅長が貴志駅に勤務しているとの事。
以前より両駅長の休暇が増えているような気がするのは、ねこの高齢化問題か

IMG_2077
650円のフリーきっぷを購入。ねこ駅長が居る終点の貴志川駅へ往復するだけで元が取れます
スタンプのある伊太祁曽(いだきそ)駅にも寄るので、運賃負担が少なく済むのは有り難い

IMG_2051
ホームに居たのは、和歌山電鐵のおもしろ電車のひとつである「おもちゃ電車」

IMG_2052
車両のデザインはドーンデザイン研究所の「水戸岡鋭治」氏によるもの
この記事を書いている頃合いですと、九州の豪華列車「ななつ星in九州」のデザインをされた方

おもちゃ電車については前回紹介しているので今回は割愛

IMG_2054 IMG_2055
こちらは和歌山駅のホームに掲示されていたもの
これを見る限り利用者の目標には及ばないものの、和歌山電鐵誕生から少しずつですが増えているみたいですね。

IMG_2078 IMG_2081
途中駅でかつ、鉄道むすめのスタンプが置いてある伊太祁曽駅で下車

IMG_2083
ワンマン運転による車内精算により、きっぷのやり取りは行わない改札口
無人駅ではなく、こちらは有人駅となり駅員が何人か常駐しています

IMG_2091
そしてこの伊太祁曽駅が和歌山電鐵の本社だそうで。
地方ローカル線となると、本社は機能が駅舎に収まってしまうのか

IMG_2092
前回と同じ場所に鉄道むすめスタンプを発見

IMG_2094
それではぺたんと、和歌山電鐵「神前みーこ」のスタンプ回収です。

IMG_2096
これで3個目のスタンプとなりましたが、残り8ヶ所。まだまだ長い

IMG_2090 
前回来た時は伊太祁曽駅にニタマ駅長が勤務していましたが、本日は不在
この駅は有人駅である事を利用して、多くのオリジナルグッズを販売。ショーケースがびっしりだ!

IMG_2088
日中は30分間隔で運転しているため、スタンプを押した後は時間を持て余す
ふと駅の外に出てみたら、駅前に白いテントと、その下に居る男性と話をする駅員の姿

IMG_2098
何をやっているんだろうと近付くと、どうやら外のテントでも物販をしている模様

IMG_2100
という訳で、地元の和菓子店で作られたといういちご大福(170円)とわらび餅(150円)を購入
地方ローカル線の収益に結びつく営業努力の一部を垣間見た気がします
(実際にこれの収益がどうなってるかは不明だが、販売していたのは駅員と思われる)

IMG_2089
記念撮影用のたま電車パネルなんかも置いてありました。

終点の貴志川駅には駐車場が無く、公式には伊太祁曽駅近くの駐車場を利用するように案内されています
私がスタンプを押して次の電車を待つまでの間に、車で訪れて切符を購入したのは3組
たま駅長が始まり何年か経過していますが、遠方から訪れる人はまだまだ居るみたいですね

IMG_2110
次にやってきた電車も「おもちゃ電車」と並んで面白いデザインの「たま電車」

IMG_2132
車両の中と外の両方に数多くの「たま」の姿が。
そして色々な種類の座席が並んでおり、どこに座ろうか考えてしまうような内装。何度見ても面白い

IMG_2160
電車の方は前回紹介したのでさておき、終点の貴志川駅に到着

IMG_2158 IMG_2155
駅舎内の一角、専用のゲージ内で勤務するのは、和歌山電鐵スーパー駅長の「ニタマ」
ウルトラ駅長の「たま」が不在の時は、伊太祁曽駅から貴志川駅へとやって来ています。

しかしまぁ、写真のとおりゲージ内でお昼寝中。こんな駅長でも集客に繋がっているのがまた凄い

IMG_2140
貴志川駅は2010年に現在の「たま駅舎」に改築され、観光の拠点となっています

IMG_2144
ってか何かか居るし!

これはこれはウルトラ駅長。人間サイズに巨大化してしまって・・・という冗談はさておき
たま駅長が休みの代わりに、こうやって駅に現れているのでしょうか?

記念撮影用に和歌山電鐵の制服も貸し出しており、こっちの「たま」も観光客に人気の模様

IMG_2145
駅舎内のカフェで売られてた、たま関連商品。以前より増えている?

IMG_2152
駅舎に置いてあった、たま駅長に関する案内書き
「和歌山電鐵で猫の駅長ってのをやっている」という事は知っていましたが、商店の飼い猫だったとは

IMG_2162
そんなこんなで、スタンプ押しがてら2年ぶりに訪れた和歌山電鐵でした。
おもしろ電車にねこ駅長など、話題は出し切った感もありますが、この鉄道会社の「次の一手」が気になりますね

<過去記事リンク>
18きっぷ紀行2009春。紀勢線紀行!(その4:わかやま電鉄編)
「全国“鉄道むすめ”巡り」で全国6事業者のスタンプラリー!行ってきました和歌山電鐵編

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に最初の星を付けてください:これじゃないいまいち普通好き大好き
Loading...
コピペ用
関連する記事