「全国“鉄道むすめ”巡り2nd」で全国15事業者のスタンプラリー!(函館市企業局交通部:松風かれん編)

□この記事は『ハセガワストアのやきとり弁当』の続きの記事です

IMG_7269
鉄道むすめスタンプ企画は北海道にもやってきた!

全国15ヶ所のうち、最北端にあるのが函館市電のスタンプ。無理っぽいと思いつつも、案外なんとかなりました。
引き続き、函館とスタンプラリーの話題です。

IMG_7133 IMG_7134
2013年5月28日。おはようございます。
函館といえば函館の朝市が有名、という事でホテルをチェックアウトして駅前の朝市へ

すっかり観光地化されて賑やかな反面、客引きがちょっと厄介だったなぁというのが個人的な印象。
名物の海鮮丼は前日に青森で食べたので、見るだけで撤収。それにしても外国人観光客が多かったなぁ

IMG_7143 
朝市に続いてやってきたのは青函連絡船「摩周丸」

IMG_7147 IMG_7154
青森駅前の八甲田丸と同様、引退した青函連絡船を博物館として改造し、係留船として保存されています
ここ函館の桟橋も、かつて青函連絡船が発着していたゆかりのある場所

IMG_7158 IMG_7159
船内は模型だったりパネルだったり、連絡船に関する様々な展示を行っているのは八甲田丸と同じ
客室は博物館化の改造を受けているため、あまり当時の名残が感じられないのも同様・・・かな?

IMG_7160 IMG_7161
こちらは当時の座席など。

IMG_7176 IMG_7178
前日に八甲田丸を見たばかりなので、比べてしまうと展示内容でちょっと見劣りする摩周丸
個人的には、操舵室の隣にある無線通信室でモールス信号の打鍵を試せるのが面白かった。テテテテー

IMG_7213
八甲田丸に無かった普通座席。しかしこれはレプリカだそうだ

IMG_7217 IMG_7218
あと面白かったのは船内に貼ってあった、青函連絡船時代の特急列車時刻表や企画きっぷのポスターなど
ダイヤなんか見ていると、現代の鉄道網がいかに高速化されたのかがよく分かりますね。

IMG_7182
摩周丸から見た函館の坂道

IMG_7187
夜景を見た函館山はこんな感じに見えます。今日はちょっと天気が悪いですが

IMG_7245 IMG_7247
摩周丸を軽く見て回った所で、本題の鉄道むすめスタンプラリーを回収しに行きましょう

場所をしっかり確認しておらず、てっきり函館駅近辺に置いてあると思ってたら、市電の営業所にある事が発覚
その場所(駒場車庫前)は函館駅前から片道30分くらいの距離。あいやー!

予想外の距離と場所でちょっと慌てましたが、観光の時間を十分に取ってあるので何とかなりそうだ
駅前で市電1日乗車券(600円)を購入して、湯の川方面の路面電車に乗り込みます。

IMG_7254 IMG_7408
昨日も見かけた鉄道むすめの案内ステッカー。車内をよく見てみるとバリエーションが豊富な事に驚き

IMG_7412
車内のモニタでもスタンプラリーの宣伝。函館市電やりおるで・・・
(正しくは限定販売しているミニスタンプの案内)

IMG_7260 IMG_7263
函館駅前から30分。目的地の駒場車庫前電停に到着しました
比較的ゆっくり走る路面電車。距離の割に結構時間がかかりましたね

IMG_7266
市電の車庫と営業所があるため、乗ってきた路面電車の運転士もここで交代していました
電車から降りた運転士が向かったこの建物が営業所かな?

IMG_7268
あっと、スタンプラリーのポスターが貼ってありました。ここで間違いなさそうですね

IMG_7285 IMG_7270
営業所と同じ建物にある「乗車券販売所」と書いてある扉

IMG_7286 
扉を開けると、そこには想像以上に狭い空間が!!

外見と名称からして、もうちょっと広い空間かと思いきや、人ひとり収まるのがやっとの空間
入ってすぐ窓口で、しかもスタンプ目的。ちょっと入りづらいけど・・・行くしかない

IMG_7271
スタンプはその乗車券販売所の一角にありました。
本来の目的の人が来る前に、ちゃちゃっと用事を済ませましょう

IMG_7279 
スタンプぺったん。13ヶ所目のスタンプ、函館市企業局交通部「松風かれん」のスタンプ回収です

これで難所であった「北東北・函館」のスタンプ5ヶ所が集まりました!
残りは埼玉と広島の2ヶ所なので、期間内に何とかなりそうですね。

IMG_7290
さて、あとは函館をちょっと観光して名古屋に帰りますよ

帰路編に続きます

Pocket
LINEで送る

この記事に星を付けちゃう:これじゃないいまいち普通好き大好き 5.00 (1)
Loading...
コピペ用
関連する記事