雪降る夜の合掌造りのライトアップ。世界遺産「白川郷」のライトアップへ行ってきました

IMG_1502
「白川郷・五箇山の合掌造り集落」として世界遺産に登録されている岐阜の奥地、白川郷

日本屈指の豪雪地帯であり、冬の期間はアクセスが困難となる場所ではありますが
そんな冬のシーズンには夜間ライトアップのイベントが行われます。

以前から訪れてみたかったイベント。今期は機会に恵まれたので足を運んできた時のお話です

IMG_1395
という訳で日が暮れた東海北陸道。白川郷へと向かうため飛騨トンネル(全長10.7km)
これが開通して以来、名古屋から白川郷や富山へのアクセスが便利になりましたね。

IMG_1400 IMG_1401
飛騨トンネルを抜けて白川郷ICより流出。

IMG_1410
世界遺産でのライトアップという事で相当な渋滞は覚悟していたのですが
訪問した日(1/19)はそれほど激しい混雑はなく、インターからすんなり臨時駐車場へと進めました

IMG_1415 IMG_1418
臨時駐車場よりシャトルバスにて白川郷の合掌造り集落へと移動します。
ちなみに臨時駐車場は協力金として1台500円。シャトルバスは無料でした

IMG_1419
合掌造り集落のはずれ、診療所のあたりをシャトルバスターミナルとして下車
そこからは集落は歩いてすぐ。どんなライトアップなのかワクワクしながら進みます

IMG_1426
集落へ入ると早速とばかりにライトアップされた合掌造りが
薄暗いなか明るく照らされたそれを撮影する人で混雑する。おー、これは凄い!

IMG_1427 
白川郷を訪れたことある方ならご存じだと思いますが、白川郷には集落を一望できる展望台(城山展望台)があります。
ライトアップ期間中はシャトルバスは運休となるため、展望台へは坂道を登っていきます

・・・しかしこれが思った以上に危なっかしい。雪で踏み固められた足元は滑るのなんの!
多くの横転者の姿を見つつ、自分自身もすっ転ぶのに気をつけながらゆっくり進みます

IMG_1456
幾度となく足元を滑らせながらも、何とか展望台へと上がってきました

IMG_1442
そこから見えたのは、雪景色のなかライトアップされた世界遺産の白川郷

雪の降り積もった合掌造り。美しく照らされる集落。寒さなんて忘れてすっかり見とれてしまいました・・・

IMG_1478 IMG_1486
気付いたときには雪の勢いも増してきて、日本屈指の豪雪地帯というのを肌で感じます
ライトアップは19時30分まで。時間も少ないので展望台を降りて集落へと戻りましょう

そしてさっきの坂道は下り坂も恐ろしいのだ。滑りにくい靴で来ないと駄目ですね

IMG_1488
坂道を降りきったら集落へ

IMG_1492 
分厚い雪が降り積もった合掌造りの姿。この形はこの雪のためにあり

IMG_1487
めっちゃ雪降ってますが、そんなのお構いなしで集落内をめぐる(傘無し)

IMG_1505
水面に映る合掌造りの姿

IMG_1495
ライトアップ時間が終了してしまったので集落をひととおり巡ることは出来ませんでしたが
間近で見る合掌造りの家々も、また素晴らしかった!

IMG_1515 IMG_1516
そしてシャトルバスに乗って再び臨時駐車場へ。今日は日帰りなので名古屋へと帰ります

IMG_2054 
飛騨トンネル通り抜けて雪上の東海北陸道を進む

帰りは遅い時間になってしまいましたが、日帰りで気兼ねなく行ける距離となった白川郷
2013年の開催は残り2月9日(土)と2月16日(土)のみとなりましたが、行って良かったと思える場所でした。

<関連リンク>
白川郷観光協会ホームページ
世界遺産飛騨白川郷ライトアップサイト

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に星を付けちゃう:これじゃないいまいち普通好き大好き 5.00 (2)
Loading...
コピペ用
関連する記事