うどん県へのお安いフェリーの旅。神戸三宮発うどん県行きジャンボフェリー乗船記

IMG_2945
フェリーといえば、やっぱりこれ。カーペット敷きの客室ですよね!

本州から四国へ渡る交通手段は様々ありますが、個人的に好きなのはフェリーです。
過去に何度か本州と四国を結ぶフェリーに乗船した事がありますが「ジャンボフェリー」にはまだ乗船した事がありません。

神戸三宮から香川県の高松を結ぶこのフェリーですが、運賃はなんと1,800円という驚きの安さ!
他の交通機関に比べたら時間が掛かりますが、今回は時間に余裕があるので利用してみました。

そんな乗船レポート的なお話です。

P1130885 P1130895
2012年6月8日()。おはようございます。朝から三宮行きの高速バスに乗車中・・・

今回は神戸三宮から「うどん県」こと四国は香川県の高松へと渡るためのフェリーに乗船する予定です
乗船するフェリーは神戸港14:00発。急がない行程だったので、運賃の安い高速バスを選択しました。

P1130886
しかし東名阪自動車道が集中工事のために大幅な遅延・・・
平日だし30分くらいの遅れるくらい大丈夫と見込んでいましたが、結果的に60分ほどの遅れになりました

集中工事の時は大幅に遅れる事を覚悟しておく必要がありそうですね

P1130900
そんなこんなで三宮到着。三宮駅前の写真を撮影し損ねたので、三宮のセンター街の写真など
バス到着からフェリー出航まで時間に余裕があったので、センター街のお店をぷらっと見て時間を潰したり

P1130899 P1130898
そういえば到着したバスターミナルの近くでジャンボフェリーの回数券を購入
ジャンボフェリーは通常1,800円の運賃ですが、こちらの金券屋で1,475円でした。安っ!

P1130902 P1130904
さて、フェリーターミナルなのですが、当然「フェリー」なのですからそれは海に隣接する場所にありますよね
フェリーへと接続するバスが駅前から出ているのですが、有料(\200)だし歩いても20分くらいなので歩きました

P1130907
見えてきましたジャンボフェリー。こんびら2という名前みたいです

P1130916
フェリーがデカくて全景が見えませんが、まるでそこにある建物かと思うくらいでっかいフェリー!

P1130912
旅客ターミナルには「うどん県」のポスターが貼ってありました
ここは高松へのフェリーターミナル。場所は離れていても、ここが高松への入口でもありますからね

P1130917 P1130920
旅客ターミナルからジャンボフェリー船内へと進みます

IMG_2935
何だかキラキラと眩しい感じのする、こちらがエントランスです
エントランスは何だか豪華っぽくしてあるのは、どこのフェリーも共通なんでしょうか

IMG_2942 IMG_2943
階段を上がって一般旅客用の船室へ。このジャンボフェリーには船室の等級など無く、いわゆる「自由席」です
こちらはボックス席とクライニングする座席のある客室

IMG_2946
個人的にフェリーと言ったらコレですね。カーペット敷きの客室
今日は平日だし昼行便だし、ひとりで広々と使えそうですね。

IMG_2952 IMG_2951
スロットなどのゲームコーナー。子供向けというよりは大人向け?

IMG_2956 
フェリーの後方にあるデッキ。今日はあいにくの雨模様で景色は楽しめなさそうなのが残念

IMG_2955 
デッキからフェリー後方を見てみると、甲板に並ぶコンテナが目立ちますね

ちなみに先頭寄りには客室からの窓はあるものの、デッキは無いみたいです。
先頭からの景色が見たかったのですが、そういう構造なら残念。

IMG_2958
客室ではないフロア部分。ロビーみたいな雰囲気?

IMG_2959 IMG_2960
このジャンボフェリーですが、船内各所にコンセントが配置されていました
争奪戦をしなくとも数はいっぱいあるみたいなので、モバイル機器を持っている身としては助かりますね。

IMG_2962
カーペット敷き船室の一部に自分の場所を確保。
窓から外を確認したら、いつの間にかジャンボフェリーは出航していました

IMG_2961
深夜帯でかつ、混雑している時の案内でしょうか
限られたスペースを皆で有効に使うために、図のように並んで利用せよ、との事

あまり利用客が多いと窮屈そうですね・・・。

IMG_2964
なんか流れ始めたぞ!

ジャンボフェリーのテーマソングのようで、船内放送の前にフルコーラスで流れました
一度聴いたら頭の中から離れない。すごい中毒性だ!

□関連リンク:二人を結ぶジャンボフェリー (YouTube)

IMG_2974
どれ、船内放送で案内もあったし、売店の様子でも見に行きましょうか
売店ではお菓子や四国と関西のお土産品。雑誌や軽食などを取り扱っているようです

IMG_2976 IMG_2977
あれ、初音ミクのせんべいが売ってるし。こんな所で見るとは

IMG_3020
瀬戸内海のフェリーの楽しみといえばこれ。本州四国連絡橋ですね

ジャンボフェリーで下を抜けられるのは、(今のところ)世界最長の吊り橋である「明石海峡大橋」
鉄路なら三宮から明石まであっという間ですが、フェリーでは出航後約1時間。実にゆっくりペース

IMG_3033
あいにくの空模様ですが、折角のイベントだし、小雨のなかデッキへと出てローアングルからの橋を堪能する

IMG_3040
そして橋の下を抜けるジャンボフェリー
大型の船舶が往来する航路のため、海面から橋まではかなり高い位置にあります(航路高:海面上約65m)

IMG_3051
いつ見てもでっかいなぁ、明石海峡大橋
今度は天気の良い日にこの下を通り抜けたいですね。

IMG_3063 IMG_3067
そろそろ売店でうどんでも食べましょうか。うどんはおやつ!

IMG_3070
きつねうどんを注文。窓から海を見ながらのうどんは最高ですね!
(今日は天気悪いですが・・・)

IMG_3074 IMG_3075
自販機が家具状態・・・。揺れますもんね

<しばらく船室でゴロゴロ過ごす>

IMG_3090
フェリーは香川県の小豆島に寄港すると船内放送があったので、デッキへと出てみました
写真では分かりづらいですが、この時には凄まじい雨が降ってました・・・。

IMG_3093 IMG_3101
ぴったりと接岸するために真横へとずりずり移動するジャンボフェリー。そのジャンボな船体に似合わず器用である

地上ではフェリーを陸へ固定するために、大雨のなかずぶ濡れで働く作業員のかた
これだけ大きなフェリー。運航するのに大勢の人が携わっているのが垣間見えますね

IMG_3103
小豆島で下船する人たちがちらほら。
ここに住んでいるのか、はたまた観光目的なのか。小豆島か・・・私も一度行ってみたいですね

IMG_3104
小豆島組が下船したところで更に空間の出来た客室

IMG_3110
小豆島を出港したら、もう四国は近い!
いや、小豆島も香川県だから四国というツッコミは無しで。

IMG_3117
進行方向左手に見えるのは、観光地でもある屋島。
過去に訪れた事のある場所ですが、こうやってフェリーの船上から見るとまた違った感じですね

□過去記事リンク:鉄人、絶景。うどん!と秘境?の四国ドライブツアー(その2:高松編)

IMG_3144
三宮からおよそ4時間半という長い運行時間で、ようやく高松港へと到着しました!

IMG_3170
「♪風か恋を運ぶー」と、テーマソングをフルコーラスで聴いた後に下船へ

IMG_3178
グッバイ、ジャンボフェリー。また乗りに来るよ!

IMG_3180
やって来たようどん県!

IMG_3181
高松港から市街地へはちょっと離れているため、送迎バスに乗車
こちらは三宮とは違って無料で運行されているみたいです。

IMG_3188
そしてJR高松駅前に到着しました。

この時点で時刻は19時を過ぎており、今日は名古屋から移動だけで日が暮れてしまった・・・。
いや、高速バスものんびりジャンボフェリーも「非日常」で、とても楽しかったです。

IMG_3192
駅から宿泊するホテルへ送迎してもらう。チェックインして部屋に荷物を置いておこう

IMG_3216
うどん県へ来たのなら、うどんを食べるしかないじゃない!

しかし、観光ガイド誌に登場する香川のうどん屋というのは郊外エリアが多く
高松駅エリアのうどん屋は比較的少ないのです。そんななか、21時まで営業している「うどん棒」というお店へ

IMG_3211
注文したのは「たこ天うどん」

冷たいうどんを揚げたてのたこ天を一緒にいただく。うどん県のうどんは美味い!

IMG_3217 IMG_3218
うどんを食べた後は、運動がてら商店街をぶらり。
かつてアイマスが設置されていた「アミパラライオン店」の跡地へと訪れてみましたが、空き物件のままでした

IMG_3220
以前訪れた事のある「思い出の地」を巡ったところで、商店街も殆どが閉まってしまったのでホテルへと戻りましょう
明日は愛媛県の新居浜へと向かいますよ

<次回に続きます>
にいはまに羊蹄丸がやってきた!青函連絡船「羊蹄丸」の最後の姿を訪ねて愛媛県新居浜市へ

Pocket
LINEで送る

この記事に星を付けちゃう:これじゃないいまいち普通好き大好き 5.00 (1)
Loading...
コピペ用
関連する記事