18きっぷ紀行2008春。広島に行ってきた(その3:瀬戸内マリンビュー編)

□このレポートは『その2:尾道編』の続きです。

image1 image2
尾道から瀬戸内海を眺めながら西へ。三原駅に到着です

ここから広島までは、山陽本線を進むか呉線を進む2ルートがあります
呉線は山陽本線に比べ、線路が大きく海沿いへ迂回しているので時間が掛かりますが・・・

image3
快速瀬戸内マリンビュー

姫路から乗った新幹線で時刻表を眺めている時に、コイツの存在を知りました
この列車は呉線を走る快速列車なので、18きっぷで乗車可能な観光向け列車

うーん、なかなか面白そうな列車じゃないですか!

image4
列車は2両編成で、先頭が指定席。

当日の事なので指定席の空席は無いだろうと諦めていましたが、運良く空席があり指定席券を確保出来ました
という訳で、瀬戸内マリンビューの指定席車両に乗車ですよ!

image5
なんじゃこりゃー?

指定席車両に乗って、思わずそう口に出してしまった
観光向けの車両とはいえ、ボックス席は想像していましたがベンチシートとテーブルとは!

image6 image7
車内には色々と小物があったり。これが観光列車なんだなぁ・・・と、少し関心する

image8
先頭の運転席寄り

キハ47系の改造車らしいのですが、大幅に改造されているっぽく原形をとどめていないと言うか[;´Д`]

image9
ちなみに自由席は普通の旅客列車の内装って感じでした
客層からして、こちらは定期列車として利用している方々みたいですね

image10 image11
指定席が取れたのはボックス席ではなく、画像左のベンチシート側
とりあえず座って発車を待ちますか

image12
車販があるようです。割と良心的な価格設定

image13
列車が走り始めると、窓からは瀬戸内海が一望!

・・・という設定の観光列車なんですね。座席の配置方法も納得です

image15
うーん、なかなか良い感じですね
ボックス席ではないのがちょっと残念ですが、まぁ新鮮で楽しいので満足です

image16
さて・・問題は広島まで3時間掛かるんですよねこの列車[;´Д`]
途中で日が暮れてしまい、景色は楽しめなくなってしまいます

image17
それと呉線は単線のため、対向列車待ち合わせのため駅に長時間停車します

初めはその長時間停車が楽しかったのですが、そのうち飽きてしまい段々と疲れが。
臨時列車のためかどうもスジの引き方が怪しいです。駅に5分停車して、また次の駅でも5分停車とか[;´Д`]

image18
広島の到着はまだかな・・・?

image19 image20
・・・とまぁ、電化されている呉線を気動車で進むこと3時間。ようやく目的地の広島駅に到着です
時刻は既に19時を過ぎているので、今日はもうホテルに直行ですね

image21
何故かビックカメラに立ち寄ったり

image22
広島といえばお好み焼き。ボリュームがあって美味しかったです
さて、翌日は朝から広島観光ですよ!

18きっぷ紀行2008春。広島に行ってきた(その4)へ

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に星を付けちゃう:これじゃないいまいち普通好き大好き 5.00 (3)
Loading...
コピペ用
関連する記事